(54)【考案の名称】表・裏2面の光源充電式携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

光源充電式携帯電話に関する。

【従来の技術】

携帯電話の所持率が急速に伸びてる中、使用できるバッテリー時間が短く通話が切れる心配があった。

【効果】

光充電式にすれば登山・海・災害地など電源の無い所でも光が有れば使用が可能となる。

(57)【要約】

【課題】携帯電話を登山・海・災害地等電源のない所でも使用できるように、光があれば充電できる光源充電式携帯電話を提供する。【解決手段】携帯電話器本体の表面1と携帯電話器本体の裏面3に、それぞれ、表光受光パネル2及び裏光受光パネル4を設け、光があるところであれば、どこででも、携帯電話器本体のみで充電できるように構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):