(54)【考案の名称】多層ハガキ

(73)【実用新案権者】株式会社友功社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、個人情報の保護とその漏洩防止に優れ、廃棄処分が容易に行える多層ハガキに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のこの種のハガキの例として、特許文献1に示すような多層ハガキが提案されている。これは、第1の基材とその片面上に形成された第1の感熱記録層とを有する第1のシートと、擬似接着層と、第2の基材を有する第2のシートとを備え、前記第2のシートが、第1の感熱記録層に記録される情報を隠蔽する隠蔽領域を有し、当該第2のシートが、前記擬似接着層を介して、前記第1の感熱記録層上の一部又は全部に貼付されているものであり、前記のような構成とすることにより記録される情報の機密性に優れた多層ハガキを提供することができるとされる。
【0003】
ところで、この特許文献1に開示された多層ハガキは、前記のような優れた面を有するものではあるが、機密情報(個人情報)が記載される第1の感熱記録層を有する第1のシートが通常の紙厚からなるため、剥離して記載されている情報を知った後にそれを他人に知られたくない場合、それを廃棄処分にしたくとも手で破るには力が必要で破断しにくい面があった。特に、シートが樹脂材を含んで補強されたものであると尚更である。そのため、シュレッダーにかけたり、ハサミで切り刻んだりして廃棄せざるを得ず、処理に不便さがあることは否めなかった。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
そこでこの考案は、前記のような従来の問題に鑑みて創案されたものであり、個人情報が記載されている第1のシート又は/及び第2のシートを手で容易に破断して廃棄処分にすることができ、個人情報の保護とその漏洩防止に優れた多層ハガキを提供することを目的とする。

【効果】

【0007】
この考案は、前記のようであって、請求項1に記載の考案は、個人情報記載面となっているシートは、破断し易くするためにその厚みの半分程度まで切り目又はミシン目が所定範囲にわたり入れられており、この切り目又はミシン目の上に個人情報が記載可能なようにコート層が塗布されているので、個人情報が記載されているシートを手で容易に破断することができ、従来のようにシュレッダー等にかけなくとも簡単に廃棄処分にすることができる。そのため、個人情報保護とその漏洩防止に優れたものとなる。
【0008】
請求項2に記載の考案は、余白があることにより、シート全体の形態を保持することができ、切り目又はミシン目のないシートと大差のないものとすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】この考案の一実施の形態に係る多層ハガキの製作過程を示す全体展開図である。
【図2】同上のハガキの製作過程を示す全体平面図である。
【図3】同上の第1のシート2を構成するシート部2bを一部破断して示す正面図である。
【図4】図3の線A−Aに沿う断面図である。

【0010】
この考案の一実施の形態を、添付した図面を参照しながら詳細に説明する。
【0011】
図1において、1は多層ハガキで、第1のシート2と、第2のシート3と、を有している。第1のシート2は、ミシン目に形成された山折線5により折られて図示で背面側が接着されるシート部2aと、シート部2bからなり、シート部2aとなる表面が宛て先記載面6となっている。シート部2bとなる裏面と、これにミシン目に形成された谷折線7により折られて連接されている第2のシート3の表面には個人情報である請求書の内容が共通にわたり記載される個人情報記載面8となっている。この実施の形態では、シート部2bとなる裏面の個人情報記載面8には請求書のタイトルのほか、宛て先、請求額合計、支払い約定日、請求書発行日のほか、契約No.、支社、科目、摘要等が記載されるようになっている。第2のシート3の表面となる個人情報記載面8には請求書の発行会社のほか、シート部2bに記載した事項の続きとしての請求対象期間、金額等が通し(連続)で記載されるようになっている。第1のシート2のシート部2aの表面に形成された宛て先記載面6には宛て先人の住所や氏名又は名称が記載され、第2のシート3の裏面には図示しないが請求書の問い合わせ先の事業所と電話番号の一覧等が記載されている。
【0012】
前記のような多層ハガキ1は、個人情報記載面8に必要な個人情報を記載し、宛て先記載面6に宛て先人の氏名等を記載した後に図2の矢示のようにシート部2aとシート部2bの背面(情報等の記載なし)が接着剤により剥離不能に接着されて一枚ものの第1のシート2とされるとともに、第1のシート2の裏面に第2のシート3の表面を剥離可能に接着されて、一枚もののハガキに製作される。このとき接着合わせ面となる第1のシート2の裏面と第2のシート3の表面に記載の個人情報記載面8が隠蔽状態にされる。このような状態で宛て先記載面6に記載された人宛てに送られて情報を提供することになる。
【0013】
ところで、個人情報記載面8のある第1のシート2のシート部2bと第2のシート3、及び宛て先記載面6のあるシート部2aには、図3,4にシート部2bを示すようにシートを破断し易くするためにその厚みの半分程度まで刃型により所定範囲(図3に一点鎖線で囲んだ範囲B)全部にわたり切り目11が入れられている。つまり、図示のような波形の切り目11が数ミリ間隔で多数列状に並設されている。切り目11が入れられている所定範囲Bは、シート部2bの上下左右にそれぞれ所定の余白12を設けて形成されている。このような余白を設ければ、方形のシート部2bの形態が崩れず、情報が伝達されるまでは良好な形態を維持できる。
【0014】
そして、そのままでは個人情報記載面8や宛て先記載面6を印刷したり、あるいは該面に情報を記載しにくいため、切り目11を入れた後に該切れ目の上にコート層13が塗布されて平坦化される。これによりコート層13上に個人情報記載面8等を印刷することができ、かつ必要な情報を記載することができることとなる。また、前記のようなコート層13としたので、インクジェットやレーザープリンタ等のシンクが乗り易い。個人情報記載面8に情報を記載した後は、この情報が他人の目に触れないように第1のシート2の裏面に第2のシート3の表面を剥離可能に接着する。そして、郵便等で配達される。
【0015】
多層ハガキ1を配達により受け取った人は第2のシート3の裏面の角部に切り欠いた部分から第2のシート3を引き剥がして、第1のシート2のシート部2bの裏面と第2のシート3の裏面が開くように開封する。この開封により受取人はその両面にわたり記載されている個人情報を知ることができる。記載されている情報を知った後に廃棄処分にするときは、開封された第1のシート2と第2のシート3を、例えば元の接着された折り状態にしたうえ、手で破るように力を加える。すると、両シートは切り目11が入れられているので、その切り目に沿って破れていき、前記個人情報が記載されている部分や宛て先が記載されている部分を含み容易に全部を破ることができる。したがって、従来のようにシュレッダーにかけたり、ハサミを使って切り刻むということをしなくてもよく、簡単に廃棄処理が可能となる。
【0016】
前記においては、破断するのを切り目11を入れた例で説明したが、切り目11に代えてミシン目としてもよい。ミシン目としても破断が可能である。また、切り目11を入れる範囲であるが、図示したのはあくまでも一例である。個人情報の記載範囲を考慮して任意に設定することができる。
【0017】
前記実施の形態では3つ折の多層ハガキとし、第1のシート2のシート部2aの裏面とシート部2bの裏面は何も利用せずにそのまま接着したが、勿論この両裏面の部分も個人情報記載の欄として利用することも可能である。また、3つ折でなく2つ折りとし、合わせ面にのみ情報を記録することも可能である。
【0018】
1 多層ハガキ
2 第1のシート
2a,2b シート部
3 第2のシート
5 山折線
6 宛て先記載面
7 谷折線
8 個人情報記載面
11 切り目
12 余白
13 コート層
【0019】

(57)【要約】

【課題】 個人情報が記載されている第1のシート又は/及び第2のシートを手で容易に破断して廃棄処分にすることができ、個人情報(機密情報)保護とその漏洩防止に優れた多層ハガキを提供すること。【解決手段】 表面が宛て先記載面となっている第1のシート2と、この第1のシートの裏面に剥離可能に接着される第2のシート3と、を少なくとも有し、接着合わせ面となる第1のシートの裏面と第2のシートの表面の少なくともいずれかが個人情報記載面8となっている多層ハガキである。個人情報記載面8となっているシートは、破断し易くするためにその厚みの半分程度まで切り目又はミシン目が所定範囲にわたり入れられており、この切り目又はミシン目の上に個人情報が記載可能なようにコート層が塗布されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):