(54)【考案の名称】メッセージカード

(73)【実用新案権者】東レ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、絵葉書や電報等に用いられるメッセージカードとして使用され、その効用を終えた後に、受取人において眼鏡拭き等として使用できるメッセージカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、メッセージカードに付加価値を与える試みが多数なされてきている。例えば、特許文献1に記載の額縁付きハガキ体は、フレーム、マット、アクリルパネル、写真、ハガキ部を、ピンで留め合わせたものであり、写真などの額収納物が見えるように窓が形成されたマットを備えている。この額縁付きハガキ体は、内部に絵ハガキ、毛筆書、賞状、ポスター、押し花、お守りなど一般的に額縁に飾ることができるものを収納して、そのまま郵送するようにしたものである。
【0003】

【効果】

【0012】
本考案のメッセージカードによれば、メッセージカードの一部分がワイピングクロスで構成されることにより、眼鏡拭きその他の広範な用途に使用できる便利なワイピングクロスを、差出人から受取人への贈り物として、メッセージカードに添えて送付することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の一実施態様に係る絵葉書用紙の裏面を示す図である。
【図2】図1の絵葉書用紙の表面を示す図である。
【図3】本考案の他の実施態様に係る絵葉書用紙の表面を示す図である。

【0014】
以下に、本考案の望ましい実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
図1は、本考案の一実施態様に係るメッセージカードとしての絵葉書用紙1の裏面(宛先記入面とは反対側の面)を示す図である。絵葉書用紙1の裏面には、極細繊維からなり、模様が印刷されたワイピングクロス2が配置されており、その周縁部を枠状シート3が覆っている。また、ワイピングクロス2と枠状シート3の間に挟まれるように、透明シート4が枠状シート3に接着されている。枠状シート3の上端部にはミシン線5が設けられており、ミシン線5に沿って絵葉書用紙1の端部が切り取られると、ワイピングクロス2の取出し口が形成されるようになっている。この取出し口は、図1のように絵葉書用紙1の裏面のみに形成されるようにしてもよいし、絵葉書用紙1の表面のみに形成されるようにしてもよい。また、ミシン線5を絵葉書用紙1の表裏両面の対応する位置に設けることにより、絵葉書用紙1の端部が切断されるようにしてもよい。
【0015】
また、図1において、絵葉書用紙1の周囲は、絵葉書用紙1の表面を形成するシートと枠状シート3とが接着されることにより封止されているので、ワイピングクロス2を絵葉書用紙1の内部に収納するだけで、ワイピングクロス2自体には接着剤を付着させることなく、ワイピングクロス2が絵葉書用紙1から脱落することが防止されている。そこで、ミシン線5に沿って絵葉書用紙の一部を切り取って上記取出し口を形成すると、絵葉書用紙1からワイピングクロス2を容易に取り出すことができる。ワイピングクロス2を取り出した後は、ワイピングクロス2は眼鏡拭き等に利用することができるとともに、ワイピングクロス2が分離された残りの絵葉書用紙1は、写真立てとして利用することができるようになる。
【0016】
図2は、図1の絵葉書用紙1の表面(宛先記入面)を示す図である。絵葉書用紙1の中央部には宛先記入部6が設けられ、宛先記入部6の下方側には、ミシン線8で三方を囲まれた台形状のスタンド脚部7が設けられている。絵葉書の受取人が、ミシン線8に沿ってスタンド脚部7を切り起こすことによって、絵葉書用紙1が自立可能な構造を形成するようになるので、たとえば机や棚の上に絵葉書を飾ることが容易となる。
【0017】
図3は、本考案の他の実施態様に係る絵葉書用紙1の表面(宛先記入面)を示す図である。絵葉書用紙1の上半分には宛先記入部6が設けられており、ワイピングクロス2は絵葉書用紙1の下半分に配置されている。図1と同様、ワイピングクロス2は絵葉書用紙1の裏面を形成するシートと枠状シート3との間に挟まれるように、透明シート4が枠状シート3に接着されている。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案に係るメッセージカードは、眼鏡拭き等として使用できる付加価値を備えたメッセージカードとして好適に用いられる。
【0019】
1 絵葉書用紙
2 ワイピングクロス
3 枠状シート
4 透明シート
5、8 ミシン線
6 宛先記入部
7 スタンド脚部

(57)【要約】

【課題】受取人において従来よりもさらに高い付加価値を享受することができ、しかも、軽量かつコンパクトなメッセージカードを提供する。【解決手段】少なくとも片面にワイピングクロス2が配置されていることを特徴とするメッセージカード。メッセージカードには、極細繊維からなるワイピングクロス2に図柄、模様または色彩が付されたものが、周縁部を枠状シート3で覆われるように配置されている。とくにメッセージカードが絵葉書用紙1として用いられる際には、ワイピングクロス2は、宛先記入面とは反対側の面に配置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):