(54)【考案の名称】1枚の用紙を三つ折にしてできる簡易書簡

(73)【実用新案権者】マイクロ印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、1枚の用紙からできる簡易書簡に関する。

【従来の技術】

【0002】
郵便局で扱われている簡易書簡(ミニレター)は25gまでならば写真のような薄い物を同封できる、図2のように型抜きされた1枚の用紙を三つ折にして60円で送れる封筒兼用の便箋である。
【0003】
簡易書簡(ミニレター)の他にも1枚の用紙を三つ折にして出来る書簡は存在する。(例えば特許文献1〜4)

【効果】

【0010】
第一考案によれば、両端のミシン目を切り取らなければ、プリンターに対応した形なので、パソコンを使ってたくさんの写真やイラストを入れ自由にアレンジしてプリントアウトでき、写真を同封しなくてよい。第二考案によれば、開いた際に見開きになっているので受取人が読みやすい。

(57)【要約】

【課題】プリンターに対応した用紙により写真などを組み込んだ内容でもプリントアウトでき、不要部分をカットできるミシン目を入れることによって、封筒化することも簡易となり、又、開封時の切り取り線を変えることによって冊子になるので受取人も読みやすい書簡を提供する。【解決手段】手書き、又はパソコンやプリンターを使って情報を組み込んだ後、不要部分をカットできるミシン目と、折り部分に押型又は切れにくいミシン目が入っていることを特徴とする1枚の用紙を三つ折にしてできる簡易書簡である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):