(54)【考案の名称】頁捲り機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、見開き状態の図書や冊子類の、頁捲りを自動的に行う頁捲り機に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来提示されている図書の頁捲り手段として、見開き頁の天側に竪形モ−ターを左・右傾斜位に選択設定可能とし、出力側に見開き面中途へ達する片持ち状のアーム先端部に可撓バネを介してゴム片を斜設し、ゴム片を傾斜状回転経路において駆動し、ゴム片と頁捲り対象紙面との接触摩擦力により下層紙面より対象紙面を分離して摺動しつつ湾屈し、同回転経路の傾斜高位側に移行し、漸次、頁紙面との接触圧力を逓減し、紙面を、自体の湾屈による応力により、反撥状にゴム片より開放して反転可能としており、また、モーター出力側に支承した優弧状の回動環の回転により頁紙面の反転作用を補完する頁捲り機が提案されている(特許文献1参照。)。
【0003】
また、見台天板に見開き状図書を載置し、台板にモーターを支持板により支承し、モーターとトグルスイッチの切換レバーとを連結し、モーターの出力側にアーム支軸を立設し、頂位に頁捲り始点へ達する弾性板材のスイング・アームを片持ち支持して自由端にゴム刷子を垂設し、切換レバー、モーター、スイング・アームないしゴム刷子を連動して、選択的に左・右へ傾倒して駆動可能とし、ゴム刷子を、頁捲り始点と、高位側の頁捲り終点との間の頁捲り行程において、往復駆動可能とし、見開き紙面の天地両側の台板上に一対の見開き抑具を併設し、見開き綴目両側の天・地両余白を押圧・開放操作可能とする頁捲り機が提案されている(特許文献2参照。)。
【0004】

【効果】

【0010】
捲り対象頁面において、各電磁操作手段の各ソレノイド出力端部材が押圧位に在って、スイングアームの揺動先行側フォークが天余白の中途に当接し、後続側フォークが天余白外側に停止しているとき、捲り元頁の天角側のソレノイドの出力端部材を開放位より急速に同天余白側へ押圧作動すると、同出力端部材と対象頁面の摩擦力が下層紙面との摩擦力より大きく設定しているため、同出力端部材の押圧水平分力により、対象頁面は撓み応力を生じ、下層紙面より分離して摺動し、先行側フォークとの間に開口状の波状曲面を生じ、対象頁面を確実に下層紙面より分離することができる。
【0011】
上記の波状曲面を生じると同時に、モーターによるスイングアームないしフォークの揺動を開始するとき、後続フォークは同波状曲面内へ介挿され、漸次、同波状曲面を捲り先側へ拡張し、同フォークが綴目上を通過し、捲り先頁側へ達すると、後続フォークにより対象頁面を捲り先頁へ反転して展開し、頁捲り動作を完了して、新たな見開き頁面を各ソレノイドの出力端部材により押圧保持して繙読に供することができる。
【0012】
見開き特性に劣る図書に対しては、予め、図書小口の層状紙葉を指先で捌き、各紙葉の分離状態を確保しておけば、確実な頁捲り作用が期待される。
【0013】
本考案の頁捲り機は、構成要素が少なく、頁捲り行程における、一連の動作を、自動的に遂行する制御手段として、シーケンス制御を適用することができる。

(57)【要約】

【課題】見開き状態の図書や冊子類の、頁捲りを自動的に行う頁捲り機を提供する。【解決手段】見開き状図書を載置した台板に立設したモーターの竪軸にヒンジを持着し、スイングアームを枢支して自由端部に二叉のフォークを形設し、竪軸とアームとの中途にバネを装架してフォークを頁面へ当接し、モーターにより頁面上を摺動して往復揺動可能となし、頁面の天側小口両側部及び小口両側部に配設した各ソレノイドの出力端にゴム刷子を被装し、各配設位において開放位並びに押圧位へ往復操作可能とし、制御手段により同アームと、各ソレノイドとの操作を連携制御して頁捲り動作を可能としている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):