(54)【考案の名称】非常用電源付災害タワーサイン

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラー発電等により災害時にライフラインが絶たれたときの電力供給源として機能する非常用電源装置を備え、また被災者が利用する災害用品等の格納機能も備えたタワー形サインに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般的な避難場所誘導サインなどは、商用電源やソーラー発電などからの照明機器により表示面を照らしているか表示面が発光している物で、被災者を避難場所へ誘導すると役割は終わってしまう。
【0003】
そこで、照明機器とは別に外部用防水コンセントを設けることで、非常用電源を供給する。
【0004】
また、格納スペースに消火器・発電式懐中電灯・非常用トイレ・担架・AED心臓救命装置などを装備する。
【0005】
その他、協賛企業の広告媒体としても利用できる。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
解決しようとする問題点は、サイン表示面を照らしている照明機器の他に、被災者が利用できるような電源を作ることと、それぞれに必要な電力を確保する点である。
【0007】
また格納してある災害用品やAED心臓救命装置を被災者が、より多く利用できるようにする事である。
【0008】
本考案は本来、使用されない事つまり災害等が起こらない事が望ましいが、いつ起こるか分からない災害等に備え、定期メンテナンス等が必要である。そのメンテナンス等のコストを抑える事である。

【効果】

【0013】
本考案は、災害時に被災者を避難場所へ誘導し、その後の商用電源の供給が戻るまで非常用電力を供給すると共に、災害時に必要な災害用品を提供することで被災者を救済する。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】図1は本体正面図である。
【図2】図2は本体側面図である。
【図3】図3は本体裏面図である。
【図4】図4は回路図である。

【0015】
図1の本体上部に搭載のソーラーパネル1等で太陽光などを取り入れ図5の回路図で表した様にコントローラー11からタイマー12を経てLED照明2等を設け、また内蔵バッテリー7を経て外部用防水コンセント3を設けている。
【0016】
図3の下部の格納庫小10に消火器等を装備し、上部の格納庫大9には発電式懐中電灯・非常用トイレ・担架などを装備し、図1下部にAED心臓救命装置6も装備する。
【0017】
図1の避難場所表示板4では避難場所の方向と距離を示し、避難場所周辺地図5には現在位置から避難場所までの周辺地図を入れる。また、どちらも協賛企業の広告スペースにすることも出来る。
【0018】
1 ソーラーパネル
2 LED照明器具
3 外部用防水コンセント
4 避難場所表示板又は広告スペース
5 避難場所周辺地図又は広告スペース
6 AED心臓救命装置
7 内蔵バッテリー
8 調整器具
9 格納庫大
10 格納庫小
11 コントローラー
12 タイマー
13 インバータ

(57)【要約】

【課題】災害時に非常用電源や災害用品を被災者が、より多く利用できるタワーサインを提供する。【解決手段】太陽光発電等による電力で非常用電源を供給している。またその特性から屋外に設置する為、施設の中にいる被災者だけではなく、誰でも利用が可能で、しかも屋内に装備してある非常用電源や災害用品の様に施設の倒壊等の影響はほとんど受けること無く利用できることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):