(54)【考案の名称】足揉補助具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は仕事で疲れた太モモ、フクラハギを揉みほぐす
血流を良くして足の疲れをとるのを目的としたものである

【従来の技術】

【0002】
従来より足のマッサージは電動器具の使用か整体院へ行きマッサージをしてもらうかしている。

【効果】

【0005】
家庭で、職場で自分の手で補助具を可動させて足のフクラハギ、太モモをマッサージできて疲れをほぐすことができる
【考案を実施するための形態】
【0006】
以下考案の実施の形態を説明する
(イ)手スリ棒(2)内側ガイド板(3)外側ガイド板(4)回転丸棒穴(14)スベリ桟木(5)戸車(13)シキイスベリ(10)ジョイント桟木(12)回転丸棒(11)ジョイント板(9)から成る
(ロ)レール枠(6)レール巾止(7)シキイスベリ(10)座板(8)から成る
考案は以上の構成より成る。
考案を使用する場合は
レール枠(6)を床に置き座板(8)をレール枠(6)上の手前側にセットする
手スリ棒(2)内側ガイド板(3)外側ガイド板(4)スベリ桟木(5)シキイスベリ(10)から成るガイド板に回転丸棒(11)3本をセット ジョイント板(9)をセットして組上げレール枠(6)上にセットする
使用する手順座板(8)に腰掛け太モモ、フクラハギを回転丸棒(11)の上に乗せ手スリ棒(2)をにぎり前後に動かし太モモ、フクラハギを回転丸棒でマッサージする。

(57)【要約】

【課題】家庭や職場で足のフクラハギと太モモを簡易にマッサージできる足揉補助具を提供する。【解決手段】レール枠6を床に置き腰掛座板8をレール枠上の手前側にセットする。手スリ棒2、ガイド板3,4、スベリ桟木5、シキイスベリ10、戸車13、回転丸棒11、ジョイント板9から成る可動台をレール枠上にセットして座板に腰掛け、可動台の丸棒に足を乗せ可動台を手で前後に動かし足揉みをする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):