(54)【考案の名称】マイコン制御太陽光追尾装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、従来の手動式、固定式の小型太陽光発電パネル及びソーラークッカー等の太陽熱調理機器に余り手を加えずに自動的に太陽追尾する方式に変換する技術である。

【従来の技術】

【0002】
太陽の光や熱は遥か昔から利用され、既に手動式、あるいは固定式だが広く一般家庭の熱源として太陽熱利用の温水器、ハンディタイプの小型太陽光発電パネル、ソーラークッカー等の太陽熱調理機器として公知であり多数開発されている。無限で環境問題のない太陽の利用は非常に有効なCO2対策にも貢献しているが自動的に太陽を追尾する装置は近年になって開発されているものの大変大掛かりである。公知である公開番号特開平9−5606号の太陽光追尾装置では棒状の軸の影を複数の受光素子に当て電圧差を出力するセンサーを装備しており、制御装置は電子論理回路を利用してセンサーから得られた電圧差を太陽光追尾の信号としてモータ駆動の出力としている。

【効果】

【0007】
前記の太陽位置センサーは、太陽光の有害な紫外線からセンサーを保護するだけではなく、太陽が移動した時に生ずる光の変化をほぼ直線的に電圧の変化として捉えるので感度が良い特徴も合わせて持っている。かつ、真横はもちろん少しならば下方向の光も捉えられるので太陽光の捕捉範囲が広い。また、フォトトランジスタを小さなものに変えれば非常に小型の太陽位置センサーが実現できる。次に最新のワンチップマイクロコンピュータを利用した制御部はプリント基板に全ての部品が載っており、ソフトウェアーを変更することで容易に機能を追加変更出来る便利な構成である。更にモータ駆動機構部は安価な市販の遊星ギヤモータで駆動されており、小型太陽光発電パネル、ソーラークッカー等の太陽熱調理機器のような比較的軽い機器ならば十分な駆動力を担保可能である。本考案により製作された機構部品を入手出来れば、日曜大工程度の知識で太陽の無限のエネルギーを身近に利用出来る。実験によれば、直径1mのパラボラ型ソーラークッカーにより3リットルの20度Cの水が60分で95度Cまで上昇した。しかし、太陽光追尾をしないと太陽光から外れてしまって気温程度であった。CO2の環境問題で紛糾する時代にあって太陽光追尾は将来有望な技術である。

(57)【要約】

【課題】太陽の有害な紫外線からセンサーを守りつつ、出力された所定の電圧を方向情報としてワンチップマイクロコンピュータ18使用のマイコン制御装置16で制御する事により、手動式、固定式の太陽利用機器を自動追尾式とした太陽利用機器を提供する。【解決手段】段付円筒により太陽光を反射し有害な紫外線から受光素子を保護する保護筒、受光素子4個を下向きに配置した受光素子保持筒、各受光素子への不要な光を遮る遮光筒、太陽光を受光素子へ反射する反射盤が付いた台座から成る太陽位置センサー12により得られた電圧をワンチップマイクロコンピュータ使用のマイコン制御装置16で制御する事により、太陽利用機器受台25に取付けた従来の手動式、固定式の太陽利用機器を、上下左右モータ20a,20bの回転運動を伸縮支持軸22や平歯車付円盤27により上下左右の回転運動に換えて自動的に太陽を追尾する機構とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):