(54)【考案の名称】商用電力注入型太陽電池直流連系利用システム

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は直流負荷に電力を供給する太陽電池と商用電源の交流直流変換回路から成る簡易型電力連系回路に関する。

【従来の技術】

【0002】

【効果】

【0013】
本考案で提案する該太陽電池利用システム回路は全て低価格で購入できる回路部品で構成され且つ部品点数も縮減されている。これにより設備購入価格は従来型の太陽電池・商用電源完全連系方式に比べ大幅に低減可能となる。また日照変動や直流負荷変動の場合でも安定に電力供給可能な特性を有する。また太陽電池は高価な回路要素であるので取付け枚数の選択は設置コストに直接反映し、どれだけの電力を太陽電池側が分担するかでコストに強く影響が出る。
以上のような視点で作られる該太陽電池利用システム回路は製造・設置コストが低減され低価格化に効果を有する。

(57)【要約】

【課題】安価な回路方式の商用電力注入型の太陽電池直流連系システムを提供する。【解決手段】太陽電池1からの出力は直流負荷5に逆流防止ダイオ−ド4を通して供給される。日照の変化による出力電圧変動に対して安定に継続して太陽電池電力を使用可能とするためには、商用電源2からの電力供給が必要で定電圧機能付きコンバ−タ3を通じて直流負荷5に接続される。日照が低下すると直流負荷端子電圧が低下する。これを定電圧機能付きコンバ−タ3が検出し端子電圧が一定になるように昇圧し直流負荷5に電流を供給する。直流負荷5が増加した場合は同様に端子電圧が低下し、これを同じように定電圧機能付きコンバ−タ3が検出し端子電圧が一定になるように昇圧し直流負荷5に電流を供給する。太陽電池1と定電圧機能付きコンバ−タ3からの電圧は直流負荷5に並列接続されるのでそれぞれの回路に逆向きの電流の流入阻止のため逆流防止ダイオ−ド4を装置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):