(54)【考案の名称】楽譜捲り装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、楽譜を捲るための楽譜捲り装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、楽器演奏時に用いる楽譜を、簡易な操作で捲る装置が提案されてきている。例えば、特許文献1に示す自動楽譜めくり器がある。この自動楽譜めくり器は、回転軸をモータで回すことにより、回転軸に設けられためくり棒を順次移動させることにより、ページを捲るものである。

【効果】

【0012】
請求項1の考案によれば、スライド部が付勢部材の付勢力で移動することにより、捲り部材が楽譜のページを捲る構造であるため、構造が容易で、重量を抑え、電源を用いなくても楽譜を捲ることができる。
【0013】
請求項2の考案によれば、捲り機構が、レール部同士が平行するように複数設けられ、捲り部材が他の捲り機構のレール部の上方を通過可能に、捲り機構同士が配設されていることから、複数の捲り機構を設けることができ、多くのページを捲ることを可能にすることができる。
【0014】
請求項3の考案によれば、付勢部材を覆うカバーを備え、カバーの端部が、スライド部の捲り端でのストッパーになっていることから、部品点数を抑え、重量を抑えることができる。
【0015】
請求項4の考案によれば、スライド部のストッパーであるカバーが、弾性材であることから、カバーにスライド部が衝突しても衝突音の発生を抑えることができる。
【0016】
請求項5の考案によれば、スライド部に、操作者が指を係止する取っ手部を設けたことから、スライド部を移動させることが容易である。
【0017】
請求項6の考案によれば、捲り部材が、楽譜の上面方向に起立することから、楽譜のページに捲り棒を挟むことが容易である。
【0018】
請求項7の考案によれば、捲り部材が、透明であることから、楽譜に捲り部材が乗っていても、乗った部分の楽譜を視認することができる。

(57)【要約】

【課題】構造が容易で、重量を抑え、電源を用いなくても楽譜を捲ることができる楽譜捲り装置を提供する。【解決手段】板状で楽譜を載置する譜面台6と、譜面台の楽譜より下方に、楽譜のページを捲る捲り機構10,20,30,40とを備え、捲り機構が、譜面台の左右方向に伸びるレール部11,21,31,41と、レール部上を摺動するスライド部12,22,32,42と、スライド部の一端に接続され、スライド部をレール部に沿って一端方向に付勢するバネ14,24,34,44と、一端方向に付勢されたスライド部の他端に係止し、スライド部を他端方向のレール部の端部に留め置く係止レバーと、スライド部に設けられ、レール部に対し直角に楽譜方向に伸びる細巾板状又は棒状の捲り部材とで構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):