(54)【考案の名称】結婚披露宴招待状

(73)【実用新案権者】株式会社大東システム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、結婚披露宴の招待客に対して、当事者の種々の情報を新たな興味深い趣向を凝らして伝え得るようにした結婚披露宴招待状に関するものである

【従来の技術】

【0002】
従来のこの種の最も古いタイプの結婚披露宴招待状は、それが人生最大のイベントの一つである結婚披露宴の招待状であるから、それなりの高品質の用紙を用いたり、若干の装飾を施したりすることはあるが、内容的には、招待の文言と、披露宴の期日、時間、会場、席次等を記した単なる文書に過ぎないものである
【0003】
そこで、このような結婚披露宴招待状に飽き足らなく考える関係者から若干の提案がなされるに至っている。
【0004】
特許文献1は、結婚披露宴招待状及び席次表に関して独自性を出すことを目的として、それぞれの本来の表示面の裏面側に披露宴会場と関連する絵画を印刷したものを提案している。
特許文献2は、結婚披露宴招待状及び席次表に関し、結婚当事者の年齢やその個性に応じて格調高い物にしたりする趣旨で、その表示面の文言の印刷に毛筆印刷を用いたり、浮き彫りによる模様を形成することとしたものを提案している。
特許文献3は、結婚披露宴参列者に結婚当事者に関する多くの情報を報知する趣旨で、披露宴招待状を構成する書面に、一般的な記述事項の印刷部に加えて、特定のWebサイトにリンクするURLと関連づけられた二値以上の2次元コード及び識別符号の一方又は双方を印刷したURLリンク印刷部を構成し、これを携帯電話機で読み取り、該Webサイトにアクセスして結婚当事者のビデオ映像を受信・表示できるようにしたものを提案している。なお、該ビデオ映像は、例えば、結婚当事者の結婚に至るエピソード等を映像化したものを予め作成して該Webサイトに登録し、アクセス者に配信できるようにしておくものである。
【0005】
特許文献4は、招待予定者毎にその人柄等に応じて異なるデザインの結婚披露宴招待状を作成し得るようにする趣旨で、結婚披露宴に関する情報を提示するための結婚披露宴用印刷部と、該結婚披露宴用印刷部に貼着可能な大きさで、絵柄が予め記載された複数種類の絵柄シールとを備えた結婚披露宴用印刷物作成セットを提案している。招待予定者毎に適する絵柄シールを選択して貼付することができるようにする趣旨である。
特許文献5もほぼ同様の趣旨で、ただし、こちらは、結婚披露宴招待状の所定の部位に招待状本文を印刷し、他の所定部位には、予め用意してある複数のメッセージ例文から、招待予定者に応じて選択したメッセージ及び該招待予定者を印刷できるにしたものを提案している。
【0006】
特許文献6は、結婚披露宴を強く印象付ける趣旨で、結婚披露宴に関するキャラクタが記載された結婚披露宴用印刷物に於いて、折り目を介して二つ折り可能に形成された台紙と、二つ折りにされて重ね合わせた該台紙の間に挟み込む飛出部材と、一端が該台紙に取り付けられていると共に、他端が前記飛出部材に取り付けられており、二つ折りにした該台紙の展開に応じて該飛出部材を該台紙の輪郭外に飛び出させる弾性支持部とを備えたものを提案している。これは、云うまでもなく、台紙を開いたときに、飛出部材が飛び出すことで強く印象づけるものである。
【0007】
特許文献7は、結婚披露宴の招待状を、多様化した結婚式に対応して、結婚当事者が行う結婚式や結婚披露宴の雰囲気や情報を具体的に招待客に伝え得るものであると共に、招待状を結婚当事者にマッチするロゴマークを表示することによって全体を統一的な雰囲気を持ったものにし得るようにする趣旨で構成した結婚行事の招待状に関する。これは、結婚式と結婚披露宴との少なくともいずれか一方を行う者の氏名を表示した氏名表示部と、この結婚式と結婚披露宴との少なくともいずれか一方が行われる日時を表示した日時表示部と、この結婚式と結婚披露宴との少なくともいずれか一方が行われる場所を文字で表示した場所表示部と、この結婚式場と結婚披露宴会場との少なくともいずれか一方の会場の写真を表示した写真表示部とを備えた結婚行事の招待状であり、更にこの招待状に、返信用葉書及び返信用封筒を組み合わせ、それぞれにデザインリストから選ばれたロゴマークを付すためのロゴマーク表示部を設けておき、該デザインリストから選択されたデザインを、該ロゴマーク表示部中のデザイン表示部に表示し、かつロゴマーク表示部中の頭文字表示部に結婚当事者の内のいずれかの者の頭文字を表示することとしたものである。
【0008】

【効果】

【0013】
本考案の1の結婚披露宴招待状によれば、それを受け取ることによって、当然、結婚披露宴の日時や会場等がその受領者(披露宴出席予定者)に報知されるが、これに加えて、結婚当事者の人生グラフ帳が組み合わせてあり、これには、両当事者の出会いから現在までの様々な出来事が記録されると共に、そのときのそれぞれの主観的な幸福度が記録されており、招待客は、その出来事と心情的な発展状況を視覚的に知ることができる利点がある。
【0014】
本考案の2の結婚披露宴招待状によれば、これを見れば、前記人生グラフ帳による結婚当事者の出会いから現在までの様々な出来事と、そのときどきの幸福度が分かり、更に両当事者のプロフィールも同時に知ることが可能であり、結婚当事者の情報を参列者に報知する資料として過不足のないものとなる。
【0015】
本考案の3の結婚披露宴招待状によれば、この招待状だけで、座席の案内まで可能となり、別に座席表を用意する必要がなくなる。

(57)【要約】

【課題】種々の楽しく、印象深く、かつ有用な仕組みを施した結婚披露宴招待状を提供する。【解決手段】結婚披露宴の招待状本体1と、これに組み合わせた人生グラフ帳2、座席案内3及び座席表4と、これらを入れるケース部材5とで構成する。招待状本体1は、長方形の厚紙にプラスチックフィルムをラミネートして耐水性に構成し、その右端の一部にグラスマーカーを分離自在に構成し、これをグラスの上縁に係止して、他人のそれと区別できるようにしてある。人生グラフ帳2には、他の仕組みと共に、人生グラフ帳部が構成され、これは、時系列に沿って左から右に二人に生じた出来事を配列し、その出来事の生じたときのそれぞれの主観的幸福度を0〜120の間で記し、それらを繋いで折れ線グラフとしたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):