(54)【考案の名称】綴じ紙製品

(73)【実用新案権者】株式会社竹尾

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手帳やノートをはじめ、種々の綴じ紙製品、さらに詳しくは、収納物に対する保持力が高く、その出し入れもし易い収納部と該収納部からの収納物の脱落を効果的に抑止できる手段とを備えた綴じ紙製品に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
複数枚の用紙とおもて表紙並びに裏表紙を重合すると共に一方の側辺部を綴じ合わせ、綴じ合わせた側辺部を除く三方の辺部を断裁して得られる綴じ紙製品は、書籍、雑誌、冊子などの製本出版物から、カレンダー、アルバム、さらにはノート、手帳などの文具類に至るまで、非常に多数の種類のものが提供され利用されている。
【0003】
これら綴じ紙製品の使用に際して、覚え書きなどのメモ類やレシート、軽便な資料等を表紙と用紙の間や用紙相互間に挟んで利用することは誰もが行っているところで、また、適当な収容具を携帯していない場合に、メモやレシートなどの紙片を手持ちの綴じ紙製品に挟んで保持しておくことも一般的になされており、さらには、綴じ紙製品の提供者が付録類や付属品、宣伝リーフレットなどを綴じ紙製品に挟んで提供することも少なくない。
【0004】
このように、綴じ紙製品の表紙と用紙の間や用紙相互の間に紙片などを挟んで利用し或いは保持することは広く日常的に行われているが、一方の側辺部だけで綴じ合わされた表紙や用紙は簡単に開披するため、挟んでおいた紙片などが脱落して散逸し易く、また、挟んだ紙片などの形状、厚み、凹凸によって用紙への筆記など綴じ紙製品本来の利用が妨げられ、或いは紙片などがはみ出したり膨れ上がったりして外観体裁を損なう場合も生じていた。
【0005】
このため、表紙や用紙の間の任意の位置にただ挟むに止まっていた紙片などに対する保持をより安定させ脱落を抑止する目的で、表紙または用紙の適宜辺部に折り返し片を付設して紙片などを挟んで保持するよう構成した綴じ紙製品、さらには、上部開口を持つ収納部を表紙に貼着形成し、或いは上部開口を持つ収納袋を表紙または用紙相互の間に綴じ込んで収納部とした綴じ紙製品が既に提案され提供されている。
【0006】

【効果】

【0016】
以上のように、本考案によれば、表紙に連設され表紙と略同形の面積を有するホルダー片によって下辺部と綴じ合わせ側の側辺部が閉止され上辺部から開放側の側辺部に亘る大きな開口を備えた大判で保持力の高い収納部が形成され、さらに、表紙に連設された延長片が収納部の開口の一部を覆って収納物の脱落散逸をより効果的に抑止するから、課題の全てを解決し目的を達成する綴じ紙製品を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】収納物の出し入れが容易な大きな開口を設けながら収納物の良好な保持も確保すると共に、収納物の全体を覆って製品利用や外観体裁に与える支障も防ぐことのできる収納部と、収納物の脱落散逸に対するさらなる抑止手段とを備え、しかも製造が簡便廉価な手帳、ノートその他種々の綴じ紙製品を提供する。【解決手段】表紙下辺部に連設された表紙2と略同形のホルダー片6を表紙裏面3側に折り上げ重合して綴じ合わせることで綴じ合わせ側の側辺部と下辺部が閉止され上辺部から側辺部に及ぶ大きな開口を有する表紙大で保持力の高い収納部を形成し、一方の表紙の開放側の側辺端部に連設され他方の表紙の表面に廻し渡して重合させ係止できる延長片7により収納部の側辺開口を覆い収納物の脱落散逸を抑止する手段とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):