(54)【考案の名称】自転車

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は前輪巾可変可能な自転車に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より自転車は2人乗りの場合とか、又は重い荷物を乗せた場合はかなり不安定な乗り物であるが、最近は3人乗りは禁止されているようですが、大人1人で幼児2人を前と後ろに乗せて保育園に通うお母さん方がよく見受けますが、非常に危険性を感じています。そこで通常は普通自転車と同等の手軽さで取り扱いが可能で、重い荷物又は、幼児を載せた場合のみ3輪自転車に変身出来るような自転車の出現が望まれている。本考案により自転車の転倒率が低くなり快適な日々を送ることが出来るでしょう。

【効果】

【0005】
通常は前輪の2輪巾を狭くし普通自転車と同等の取扱いが可能にし、重い荷物又は、幼児を載せた場合のみ、前輪の2輪巾を最大接地部間にに広げ、車体の転倒を最大限に防止する装置を設けたことにより、特に3人乗りされているお母さん方には非常に役立つ。

(57)【要約】

【課題】従来の自転車の走行性能を維持しながら、重い荷物や幼児を載せた場合でも安全で快適な走行が可能な前輪巾可変自転車を提供する。【解決の手段】自転車本体1の前輪部には左右並列に設けられた2輪と、後輪とからなる自転車であって、前記2輪の各々は独立した左右のフォーク3に装着され、該各フォークの上部に設けられたフォークピン15を支点に、前記2輪の接地部間距離が可変可能であることを特徴とする自転車である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):