(54)【考案の名称】太陽光発電給電装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電給電装置に係り、特に、太陽光発電集電板、市電型ソケット、無停電電源装置(UPS)及び電器機器の組合設計によって、該無停電電源装置に内蔵されているパワーソースセレクタは、第1の電源及び第2の電源の間に切り替えて選択でき、該電器機器の電力を付与し、かつ、蓄電部材を別に設置して蓄電する必要はないため、省エネルギーや、コスト削減及び空間減少等の効果に達し、太陽光発電給電装置或いは類似構造に適合する太陽光発電給電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在、社会の進歩や科技の発展に伴い、電器製品は一般の家庭やオフィスに普及され、家庭及びオフィスに欠かせない製品の一つになりつつある。
例えば冷房機や、暖房機、扇風機等の電器製品の主な電源は一般の市電を使用している。
電器製品を常に使用すると、多くの電力が消費され、かつ電気代の支払いも増加されることになる。そのため、エネルギーが不足する現代社会において、このような市電に完全に依存して電源を付与する方式は、明らかに経済的ではない。
【0003】
また、他の給電方式としては、例えば、太陽光発電パネルで電力を付与するものがあるが、太陽光発電パネルで電力を付与するものは、いずれも、一組の蓄電部材に合わせて共用し、受けた太陽光のエネルギーを電力に切り替えるとともに蓄電部材に蓄積して、電器製品の使用に供しているが、このような太陽光発電パネルは、蓄電部材で電力を蓄電する方式であり、該蓄電部材は、非常に多くの空間と体積を占有してしまい、コストの上昇に招くことにもなる。
【0004】
本考案は前記した欠点に鑑みて成されたもので、複数の電源を洗濯して切り替えて、電器機器の電力として付与できて、省エネとコスト削減効果を達成するものである。

(57)【要約】

【課題】第1の電源及び第2の電源の間に選択して切り替え、該電器機器の電力を付与でき、ひいて、省エネルギーやコスト削減の効果に達し、全体の実用性を向上できる太陽光発電給電装置を提供する。【解決手段】太陽光のエネルギーを受けて第1の電源に切り替える太陽光発電集電板、第2の電源を付与する商用電源型ソケット、パワーソースセレクタを内蔵した無停電電源装置及び無停電電源装置の出力端に接続した電器機器を含む。パワーソースセレクタは、太陽光発電集電板及び商用電源型ソケットに接続し、第1の電源及び第2の電源の電力入力を選択し、パワーソースセレクタにより第1の電源及び第2の電源の間で選択して切り替えする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):