(54)【考案の名称】折畳み展開自在な付録を有する印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社miura−ori lab

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主に、商品案内や、会社案内や、その他宣伝、広告のために利用されるダイレクトメート用として最適となる折畳み展開自在な付録を有する印刷物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、ダイレクトメール用の印刷物としては、例えば、特許文献1に示すような往復葉書が開示されている。
これは、往信葉書と返信葉書が折目線を介して二つ折り自在に連設されている往復葉書本体と、この往復葉書本体の往信葉書裏面に接着される折畳みシートとからなり、この往復葉書本体は、その周縁部分に配した接着部を介して往信葉書裏面と返信葉書表面とが剥離可能に接着されると共に、折畳み状態の折畳みシートを往信葉書と返信葉書で挟むことができるように形成され、前記折畳みシートは、複数のシート小片を谷折り線や山折り線を介して縦横に連設して形成されると共に、複数のシート小片4が略重合状に折畳み、展開自在となるように形成され、折畳みシートの表面や裏面には、宣伝広告や伝達情報等の適宜情報を表示したものである。
【0003】

【効果】

【0008】
従って、請求項1記載の折畳み展開自在な付録を有する印刷物によれば、展開状態の折畳みシート3をかなり大きく形成することが可能で、その表面に表示した伝達情報の情報量をかなり増大させることができるようになり、例えば、ダイレクトメートや、招待状等として最適な印刷物となる。
しかも、その構成が簡素で、量産し易く、経済的な印刷物となる。
【0009】
特に、切離し用表紙片2を、印刷物本体Aの一部で構成すると共に、切離し用切込線2aによって印刷物本体Aから切離せるように構成したので、折畳みシート3の表面に表示した伝達情報の大きな情報量を維持したまま、付録Bをコンパクトに形成できるようになり、取扱い易く、付録Bを携帯し易いものとなる。
しかも、印刷物本体Aの寸法、形状等を自由に設定できるようになり、興趣に富み、種々のタイプのダイレクトメールに適合し易いものとなる。
【0010】
また、請求項2記載の折畳み展開自在な付録を有する印刷物によれば、包装用透明袋Cによって、印刷物本体A及び付録Bをより確実に保護した状態で郵送(宅配)できるようになると共に、印刷物本体A及び付録Bを包装用透明袋C外部から視認させることができるようになる。すなわち、付録Bを受取人に着目させることができるようになる。ひいては、受取人に付録Bへの興味を抱かせることが可能となり、包装用透明袋C内の印刷物本体Aや付録Bを見ることなく、そのまま廃棄してしまうことを防げるようになる。

(57)【要約】

【課題】折畳みシート表面の伝達情報の大きな情報量を維持したまま、付録をコンパクトに形成でき、取扱い易く、携帯し易く、印刷物本体の寸法、形状等を自由に設定でき、興趣に富み、種々のタイプのダイレクトメールに適合し易く、構成簡素で、量産し易く、経済的な折畳み展開自在な付録を有する印刷物を提供する。【解決手段】印刷物本体Aと、印刷物本体Aに付設する付録とを備え、付録は、複数のシート小片を縦横に連設すると共に、折畳み、展開自在となる折畳みシート3と、折畳みシート3の対角上にあるシート小片に接着する表紙片1及び切離し用表紙片2とからなり、折畳みシート3の表面に適宜伝達情報を表示し、切離し用表紙片2を、印刷物本体Aの一部で構成すると共に、切離し用切込線2aによって印刷物本体Aから切離せるよう構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):