(54)【考案の名称】折り畳み傘

(73)【実用新案権者】株式会社カムアクロス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折り畳み傘に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に良く知られている汎用型の傘は、下端に把手を有した中棒に対し、傘布が同心円的(中棒を中心とした回転対称形)に広がるようになっている。これに対して、中棒の一方側で傘布が外方へ大きく張り出して非対称形となるものが知られている(例えば特許文献1や特許文献2等参照)。
このように傘布が非対称形とされた傘は、例えば傘を差す手(持つ手)とは反対側の肩へ傘布の張り出し側を向けたり、或いは背中側へ向けたりすることで、肩や手荷物、或いは背中や背中に背負ったバッグ、幼児などが濡れないようにできる利点があり、重宝される。
【0003】
傘布を中棒の一方側へ張り出させるための構造としては、中棒の頭頂部に連結された傘布用の親骨に対し、その先端に短い骨を付加させて延長するか又は親骨自体を長くするといった単純な構造(特許文献1など)を採用するのが主流であった。しかしこのような単純構造では、傘を開いたときや閉じたときの傘布の状態が見苦しいなどの問題があり、親骨自体をその長さ方向で基骨と支持骨とに二分割し、これらを関節部で連結するようにしたリンク構造が提案されるに至っている(特許文献2)。
このリンク構造において、基骨は中棒の頭頂部に関節部を介して連結されていると共に、中棒に対して上下摺動自在に設けられた下ロクロと、上記した基骨の中間部との間が、受け骨によって連結される構造となっていた。

【効果】

【0010】
本考案に係る折り畳み傘は、傘布が非対称形とされた傘であり且つ親骨を折り畳み可能であって、親骨による傘布の支持を確実しにして丈夫で見栄えよく且つ差し心地に優れたものとなる。

(57)【要約】

【課題】傘布が非対称形の折り畳み傘において、親骨による傘布の支持を確実しにして丈夫で見栄えよく且つ差し心地に優れたものとする。【解決手段】5箇所以上の下部ジョイント部7に標準受け骨15が連結され、これと同数同配置の頭部ジョイント部10に標準親骨16が連結されて、これら標準受け骨15と標準親骨16とが連結されており、3箇所以上の下部ジョイント部7に長身受け骨18が連結され、これと同数同配置の頭部ジョイント部10に吊り骨19が連結されおり、長身受け骨18の先端部21に分離親骨23がその基端部24より先となる部分で連結され、この基端部24と吊り骨19との間に子杆25が連結され、標準親骨16及び分離親骨23に折り親骨30,31が連結され、これら標準親骨16、分離親骨23、折り親骨30,31の上面に非対称形の傘布5が張り付けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):