(54)【考案の名称】貼り合わせはがき

(73)【実用新案権者】株式会社ポパル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図8

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、通常のはがきの2倍の紙面を有し、個人情報などの秘匿性を要する情報をも含む多量の情報を安価に郵送することができるはがきに係わり、さらに詳しくは、(公序良俗違反につき、不掲載)や(公序良俗違反につき、不掲載)など、既製の(公序良俗違反につき、不掲載)を用いた貼り合わせはがきに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のはがきは、A6版程度の1枚の紙片から成るものであり、仮に表面側(宛名書き面)の下側を通信欄として利用したとしても、その情報量には限界があり、とくにダイレクトメールなどの宣伝用に使おうとするには必ずしも好適とは言えない。また、記事の記載面が露出しており、受取人でなくても、誰にでも記事内容が見えてしまうことから、親展便とすることや、個人情報に関する内容を記載するには向いていない。
【0003】
そこで、2倍のサイズの用紙を二つ折りにし、相対向する面を剥離可能に貼着することによってはがきサイズとなるようにした構造の貼り合わせはがきが種々提案されている(例えば、特許文献1〜4参照)。

【効果】

【0007】
本考案によれば、(公序良俗違反につき、不掲載)の裏面に、略同一サイズの第2紙片を剥離可能に全面貼着、あるいは当該第2紙片の一部を完全接着し、さらに残部を剥離可能に貼着するようにしたため、既製の郵政はがきを用いて、秘匿性情報や大量の情報をもはがき料金で安価に郵送することができる。

(57)【要約】

【課題】既製のはがきを用いながら、秘匿が必要な情報や大量の情報をも安価に郵送することができる、貼り合わせはがきを提供する。【解決手段】既製はがき11の裏面11b(宛名書き面の裏側、すなわち通信文記載面)に、ほぼ同一サイズの第2紙片13を剥離可能に全面貼着、あるいはこのような第2紙片を部分的に完全接着し、残りの部分を剥離可能に貼着して成る。第2の紙片を既製はがきの裏面に全面貼着(剥離可能)したものについては、第2紙片がはがき本体(既製はがき)から完全に分離されても差し支えない意匠性のものや、分離されて機能するもの、例えば第2紙片を返信用はがきとして使用できる。第2の紙片の一部を既製はがきの裏面に完全接着13cし、これ以外の部分を剥離可能に貼着したものについては、完全分離しては不都合なもの、例えば剥離可能な部分を見開いたときに、はがき本体と第2紙片との間に連続した意匠や記事内容を構成するものなどに適用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):