(54)【考案の名称】新聞ホルダー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、複数枚の新聞を、新聞の枚数(厚さ)の多寡に応じ、また、半紙を含む新聞をも確実に挟持し固定する新聞ホルダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
新聞ホルダーには各種のものがあるが、一般的には、下面開口する横長U字溝状のフレームの前板の複数箇所に前方より押圧ねじを螺入し、その内端に枢設した押圧板とフレームの後板の間に、複数枚の新聞の端部を挿入してから、押圧ねじを螺締するようになっている(「押圧ねじ式」)。
【0003】
また、実公昭62−37752号公報には、上記したのと類似するフレーム内に設けた新聞押圧部材をフレームの前面に枢設したレバーにより駆動して、新聞を押圧部材とフレームの後板の間に挟持するようにした新聞綴じ具(「レバー式」)が開示され、さらに、特開2003−251977号公報には、チャンネルとロッドを使った新聞バインダー(「チャンネル・ロッド式」)が開示されている。
【0004】

【効果】

【0010】
この考案は、枚数の多い分厚い新聞から枚数の少ない薄い新聞まで、新聞の厚さの大小にかかわらずしっかりと挟持し、また半紙を含む新聞の半紙をも確実に挟持できるよう、正四角形管状の細長棒(3)の先端切り欠き部(7)は、新聞上端部から正四角形管状の細長棒(3)の先端に向けて緩やかに先細りするような傾斜角度をもって切り欠き形成するとともに、正四角形管状の細長棒(3)の後端切り欠き部(8)も、新聞下端部から正四角形管状の細長棒(3)の後端に向けて緩やかに先細りするような傾斜角度をもって切り欠き形成されることによって、薄い新聞に対しては正四角形管状の細長棒(3)の先端切り欠き部(7)をM字状の細長棒(2)の先端管部(4)の最奥部までしっかりと押し込み、分厚い新聞に対しては、正四角形管状の細長棒(3)の先端切り欠き部(7)を、新聞をしっかり挟持できる程度に至るまで適宜、M字状の細長棒(2)の先端管部(4)の中へ押し込むことにより、新聞の厚さに応じた圧力で新聞を圧接固定することができる。
【0011】
この考案は、前記0010記載の工作や操作に加え、正四角形管状の細長棒(3)の新聞押圧面に摩擦係数が大きく弾性のある素材を貼付することによって、見開きすると半分にしかならない半紙の新聞をもさらに確実に圧接固定できるようになっている。

(57)【要約】

【課題】ワンタッチで新聞をセットでき、形もシンプルで小型軽量化を図るとともに、図書館や銀行、ホテルなどで使うだけでなく、家でソファーや寝床の上で寛いだ姿勢で新聞全体を糺して楽に鳥瞰できる新聞ホルダーを提供する。【解決手段】この新聞ホルダーは、枚数の多寡を問わず、新聞を中央ページ部で左右に開き、中央余白部分をM字状の細長棒2と正四角形管状の細長棒3とをもって簡単に押圧挟装して、両棒の下端部を留め具6で嵌合固定することによって、新聞がバラけることなく、紙面全体を手軽に俯瞰見聞できるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):