(54)【考案の名称】ポータブル太陽電池充電装置

(73)【実用新案権者】珍通能源技術股▲ふん▼有限公司

(73)【実用新案権者】▲じつ▼新科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電池充電装置に関し、特に、光エネルギにより電気が供給されるポータブル充電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
3C(Computer、Consumer Electronics 、Communication)電子機器の急速な普及により、携帯電話、電子辞書、MP3、PDAなどの製品が携帯可能になったが、電池の交換が必要条件であった。しかし、乾電池が環境に及ぼす悪影響を防ぐため、上記の製品には、繰り返し使用することができる充電式電池が用いられることが多かった。
【0003】
充電式電池は、充電できるものの、出かける前に屋内で充電しなければ、屋外に携帯して用いることができなかった。電池の電力が消費されると、あらかじめ用意してあったスペア電池を用いるか、充電装置を用いて充電しなければならなかった。一般的に、スペア電池を用いるのが便利であるが、長距離旅行または海外旅行の場合、携帯するスペア電池の数量が頭を痛める問題であった。そのため、ポータブル充電器がユーザのニーズにマッチするものとして用いられるようになったが、充電器に用いられる電気の供給を容易にするため、光エネルギから変換された電気エネルギを用いた充電器が出現した。
【0004】
光エネルギを用いた充電器は、ソーラパネルに光エネルギを直接吸収させるだけのものがほとんどで、光エネルギの吸収効率が低かった。また、単一規格または形式の充電器しか使用できず、異なる種類の携帯型の3C電子機器に用いられる複数の電池に同時に対応することができなかった。そのため、同時に数種類の充電器の携帯が必要になり、甚だ不便であった。

【効果】

【0008】
本考案のポータブル太陽電池充電装置は、周辺の太陽光を効果的に集光し、光エネルギの吸収効率を向上させることができる。また、充電式電池を収納する複数の充電溝により、異なる規格または形式の充電式電池に対応することができる。外出において、複数の充電器を携帯する必要がないため、ポータブル電子機器に給電問題を解決することができる。

(57)【要約】

【課題】周辺の太陽光を効果的に集光し、光エネルギの吸収効率を向上させるポータブル太陽電池充電装置を提供する。【解決手段】底座10、収光レンズ11、受光板12および光電変換ユニット13からなり、底座10はケースで、その側面に相繋がった周囲面100が設けられ、周囲面100の内側に凹んだ複数の充電溝101が設けられ、収光レンズ11は、底座10の頂面に配置されている。受光板12は、底座10上で、収光レンズ11の下方に配置されている。光電変換ユニット13は、充電溝101と受光板12との間を電気的に接続するように配置され、受光板12が吸収した光エネルギを電気エネルギに変換し、各充電溝101に電気エネルギを供給する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):