(54)【考案の名称】製本物収納ケース

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】株式会社マツモト

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、アルバムや書籍等の製本物を収納して保護する製本物収納ケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば、アルバムを収納して保護するケースとして、アルバムの装入又は引出し用の開口が設けられた紙製又は軟質樹脂製の箱型容器が提案されている(例えば、特許文献1、2参照)。また、型抜きした厚紙を折り畳んで内部に書籍とそれに付属するコンピュータ用の記録ディスクを収納する空間部がそれぞれ形成された記録ディスク付ブックケースが提案されている(例えば、特許文献3参照)。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案に係る製本物収納ケースにおいては、弾力性を有する発泡材製の緩衝枠体の内側に設けられた収容部に製本物が嵌め込まれるので、製本物収納ケースに外部から衝撃力が加わった場合、衝撃力は周壁を介して緩衝枠体に伝達し周壁及び緩衝枠体を変形又は破損することで減衰し、製本物には衝撃力が作用しない。このため、製本物の破損を防止できる。また、製本物は、収容部に嵌め込まれた状態なので、製本物が単にケース内に収容されている状態と比較して、高級感が得られる。更に、緩衝枠体の内側には製本物の取出し用の切り欠きが設けられているので、例えば、切り欠き内に指を挿入して製本物の端部に掛止させることができ、収容部に嵌め込まれた製本物を容易に引出すことができる。
【0011】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、第2の表表紙が、裏表紙の大きさと同一となって、第1の表表紙は第2の表表紙より幅狭となって、収納時は、第1の表表紙の上に第2の表表紙が載る場合、収容部に嵌め込まれた製本物の表側を包み込むように覆うことができると共に、第1、第2の表表紙を左右に開いて包み込まれた製本物を容易に露出させることができる。
【0012】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、緩衝枠体が一体物である場合、緩衝枠体の剛性が大きくなって外力に対する抵抗性が向上する。また、収容部の製本物の周囲には0.5mm以上5mm以下の隙間が形成されている場合、収容部への製本物の嵌め込み、収容部からの製本物の取出しが容易にできる。
【0013】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、緩衝枠体の高さが、収納された製本物の高さより1〜20mm高い場合、収納された製本物の上面の上方に隙間が形成されて、製本物に衝撃力が加わるのを防止できる。
【0014】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、浅底箱の底板に、記録媒体を収納する1又は複数の空間部が設けられている場合、製本物と記録媒体を同時に製本物収納ケース内に収容することができる。
【0015】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、底板が、浅底箱の周壁に連接する下底板部と、下底板部の上にある中底板部と、中底板部の上にある緩衝材からなる上底板部とからなって、上底板部に空間部が形成されている場合、製本物収納ケースに外部から衝撃力が加わっても衝撃力は緩衝枠体及び上底板部で減衰し、記録媒体には衝撃力が作用しない。
【0016】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、記録媒体が光ディスクであって、上底板部に形成される空間部の内縁には光ディスクの取出し用の切り欠きが設けられている場合、例えば、切り欠き内に指を挿入して光ディスクの端部を掴むことができ、光ディスクを空間部から容易に引出すことができる。
【0017】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、空間部の中央に光ディスクの固定用突起が設けられている場合、空間部に光ディスクを確実に固定することができる。
【0018】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、記録媒体が光ディスクであって、同一直径の3つの空間部が接して配置され、3つの空間部によって囲まれる部分で3つの空間部が連接している場合、3つの空間部によって囲まれる部分に指を挿入して選択した光ディスクの端部を掴むことができ、各光ディスクを空間部から容易に引出すことができる。
【0019】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、浅底箱の底板に、冊子を収納する空間部が設けられている場合、例えば製本物説明用の冊子を、製本物と同時に製本物収納ケース内に収容することができる。
【0020】
本考案に係る製本物収納ケースにおいて、緩衝枠体及び緩衝枠体の内側にある底板が、布で覆われている場合、装丁において高級感を与えることができる。

(57)【要約】

【課題】外部からの衝撃力を吸収し収納している製本物への衝撃力の伝達を抑制し製本物の破損を防止する製本物収納ケースを提供する。【解決手段】平面視して長方形又は正方形の裏表紙11を中心に左右に第1、第2の側表紙12、13を介して第1、第2の表表紙14、15が折り曲げ可能に設けられた厚紙部材16と、裏表紙11の上に固着され裏表紙11と同一サイズ又は0mmを超え8mm以下の範囲で小さなサイズの底板17及び底板17の周囲に立設された周壁18を有する浅底箱19と、浅底箱19の内側周囲に配置され、内側には製本物20が嵌め込まれる収容部21を備えた弾力性を有する発泡材製の緩衝枠体22とを有し、収容部21の外側に位置する緩衝枠体22の内側には製本物20の取出し用の切り欠き23が設けられ、第1、第2の表表紙14、15は、浅底箱19の上部を左右から交互に覆っている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):