(54)【考案の名称】隠蔽ハガキ付き封筒

(73)【実用新案権者】株式会社星光美装

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は隠蔽ハガキ付き封筒に関する。

【従来の技術】

【0002】
ハガキに記入された差出人の氏名、住所等のいわゆる個人情報は、ハガキの投函後受取人の手元に達するまでの間第三者に読み取られて漏洩しないようにすることが近時しばしば要望されている。
そのため、そのような要望に応えるため例えば特開2004−90325号公報(特許文献1)に示されるような隠蔽ハガキが提案されている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、前述の第一の手段として記載した構成によって、差出人が隠蔽作業をする手間が簡単な隠蔽ハガキを備え且つ封筒と併せての製作コストも低廉であり、更に、封筒を構成する紙資源の節約及び廃棄ゴミの減少にも資するような隠蔽ハガキ付き封筒を提供することができる。
また、前述の第二の手段として記載した構成によって、差出人が隠蔽作業をする手間が簡単な隠蔽ハガキを備え且つ定形封筒と併せての製作コストかつ郵送料も低廉であり、更に、封筒を構成する紙資源の節約及び廃棄ゴミの減少にも資するような隠蔽ハガキ付き封筒を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】差出人が隠蔽作業をする手間が簡単で、製作コストが低廉な隠蔽ハガキ付き封筒を提供する。【解決手段】封筒60の裏側紙62に設けられたハガキ本体部67及び受取人表示片68と、前記封筒の表側紙に設けられた被覆片とからなり、ハガキ本体部67は、その端部を封筒の端部に合わせ且つ表面に差出人の個人情報記入用領域73が印刷されており、受取人表示片68はハガキ本体部に折り目を介して連接し、且つ前記ハガキ本体部の裏面に折り重ねられて貼着可能に構成されており、被覆片はハガキ本体部の端部に連接し、且つ個人情報記入用領域73を覆うように構成された隠蔽ハガキを備えた隠蔽ハガキ付き封筒。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):