(54)【考案の名称】太陽光発電及び蓄熱装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電及び蓄熱装置に係り、特に、機体、貯湯槽及び散水機構の組合設計により、発電、集熱及び自動洗い機能を兼備する太陽光発電応用装置に指すものである。

【従来の技術】

【0002】
世界的にエネルギーが益々足りなくなり及び環境汚染のため、生態環境への破壊を進行させている。現在、世界各国は代替エネルギーを積極的に探している。
そのうち、太陽エネルギーについては、環境保全の概念を有し、取り出しきれず、使いきれず、かつ清潔で汚染が生じない代替エネルギーとして知られている。
太陽エネルギーに関する応用技術が続々と研究開発され、ソーラーパネル及びソーラ集熱器が比較的多くの成果を挙げている。
【0003】
しかし、大体の設計において、単一機能の使用が多い。例えば、太陽エネルギーの熱を利用した家庭用給湯器、温水プール及び太陽エネルギーで料理可能な単一の集熱機能、或いは、ソーラーパネルで光電変換発電を行うものが多い。
ソーラ集熱器またはソーラーパネルは、いずれも極めて大きな面積を使用し、建物全体に対して大きな占有面積を要する。さらに、それぞれ単独での集熱または発電機能のみを有し、現在のマルチ化の要求に符合せず、ほぼ浪費に近いものがある。
一般に、ソーラーパネルまたはソーラ集熱板は、建物の屋上または表面に搭載されているが、ある時間を経過するとその表面には塵埃や葉または鳥の排出物等が付着して、太陽エネルギーの変換効率、または集熱効率に悪影響を及ぼす。
ソーラーパネルを洗浄しようとすると、人力または作業工数が多くかかり、かつ、高い危険性を伴うといった欠点がある。
【0004】
本考案は前記欠点に鑑みて成されたもので、太陽光のエネルギーを発電及び蓄熱に有効利用し得るようにしたものである。

(57)【要約】

【課題】太陽光のエネルギーを発電及び蓄熱に有効利用し得るとともに、機体の自動洗い、省エネ効果を有する太陽光発電及び蓄熱装置を提供すること。【解決手段】機体、貯湯槽及び散水機構を含み、機体は太陽光のエネルギーを電力に切り替える太陽光パネル、太陽光パネルの下方に結合され太陽光の熱エネルギーを吸収する集熱板、及び集熱板の下方に形成した水槽を有し、貯湯槽は貯水保温のため該機体の水槽に接続し、散水機構は機体を洗うため該機体上に設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):