(54)【考案の名称】はがき

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、喪中を表現しながら、且つ年賀はがきと一緒に出すことができるはがきに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、喪中の場合は年賀はがきを出したり受け取ることを止めるという慣習があり、従って年賀はがきに変えて年末に喪中はがきを別に出していた。
【0003】
送られてきた年賀はがきは、ほとんどの人々が整理をして翌年に出すための管理をしているものであるが、年末に喪中はがきが来ると年賀はがきと一緒に管理が出来ないことがあり、それによって翌年、その差出人に年賀はがきが送れないという問題もあった。
【0004】
しかし、喪中であるから新しい年の挨拶も出来ないということはなく、はがきそのものを特定のはがきとすれば年賀はがきと一緒に送られてきても、差出人が喪中であることは理解できるものである。

【効果】

【0007】
本考案は、表面の上部左に切手貼付又は切手印刷の部位を設け、略中央上部に郵便はがきの表示をし、当該表示部下部には郵便番号記入枠を設けると共に、下端部にはくじ番号表示部を設け、その左上部に差出人の郵便番号記入枠を設けたはがきにおいて、郵便番号記入枠及び切手を含むこれらの印刷色を、紫、薄紫、薄墨色等、喪に相応しい色にて印刷したことを特徴とするはがきであり、更には、 前記切手印刷部位の下方に、蓮花、菊花等のイラストと「やすらぎ」等、喪に相応しいイラスト及び文字を表現したことを特徴とする請求項1のはがきであるから、当該はがきの印刷色が紫、薄紫、薄墨色等、喪に相応しい色となっているので、印刷色が朱色の年賀はがきとは容易に区別することができ、受取人は差出人が喪中であることを用意に理解できる。また裏面に書く内容を年賀の文言に限定されるものでなく、哀悼の意を表現してもよい。また従来投函されている喪中のはがきは単なるはがきであるが、年賀はがきにはくじがついており、一般の受取人もであるが、特に子供はこのくじを楽しみにしていることが多いことからも、当該喪中を表現するはがきにもくじがついているので喜ばれるものである。また、はがきを受け取った側も、年賀はがきと一緒に整理し管理することができ、翌年に喪中はがきを見落として年賀を出すことを忘れる等の問題もない等、その実用的効果は誠に顕著なものである。

(57)【要約】

【課題】年賀はがきと一緒に差し出すことができ、しかも受取人は、当該はがきが喪中の人からだと理解できるはがきを提供する。【解決手段】表面の上部左に切手貼付又は切手印刷の部位を設け、略中央上部に郵便はがきの表示をし、当該表示部下部には郵便番号記入枠を設けると共に、下端部にはくじ番号表示部を設け、その左上部に差出人の郵便番号記入枠を設けたはがきにおいて、郵便番号記入枠及び切手を含むこれらの印刷色を、紫、薄紫、薄墨色等、喪に相応しい色にて印刷したことを特徴とするはがきであり、更には、前記切手印刷部位の下方に、蓮花、菊花等のイラストと「やすらぎ」等、喪に相応しいイラスト及び文字を表現したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):