(54)【考案の名称】携帯式ソーラー充電装置

(73)【実用新案権者】珍通能源技術股▲ふん▼有限公司

(73)【実用新案権者】▲じつ▼新科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラー充電装置に関し、特に携帯式ソーラー充電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在、地球はエネルギー枯渇の問題に直面しており、省エネの重要性への認識が日増しに高まっている。
そのため、携帯電話、PDA、デジカメ等の携帯式電子製品に電源から充電を行う充電装置から、ソーラーチップにより光起電を行うソーラー充電装置への置換が徐々に進んでいる。
しかし、現時点で流通しているソーラーチップは、光起電効率が低く、ソーラーチップの光起電効率向上が、同産業界にとって重要な研究課題である。
【0003】
従来のソーラー充電装置は、ベース、該ベース上に結合する集光カバー、該ベース上に固定する光起電モジュール、該ベースに連接する電力コネクターからなる。
該集光カバーは、該ベースとの間に収容設置空間を形成する。該光起電モジュールは該収容設置空間内に設置し、複数のソーラーチップ、該ソーラーチップに電気的に連接する蓄電池を含む。
該ソーラーチップはシリコンチップで、該集光カバーに対応して設置し、該電力コネクターは該蓄電池に電気的に連接する。
【0004】
該ソーラー充電装置は使用前に、室内或いは屋外の光線が十分な場所に置く必要がある。
これにより該各ソーラーチップは外界の光エネルギーを受け取り、光エネルギーを電気エネルギーに転換し、さらに電気エネルギーを該蓄電池内に蓄えることができる。
こうして、携帯式電子製品の電力が不足或いは電力を使い切った時に、該ソーラー充電装置により携帯式電子製品に対して充電を行う。

【効果】

【0010】
本考案の携帯式ソーラー充電装置によれば、携帯式電子製品に対して随時充電を行うことができ、また全体的な光起電効率を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】携帯式電子製品に対して随時充電を行うことができ、全体的な光起電効率を向上させることができる携帯式ソーラー充電装置。【解決手段】携帯式ソーラー充電装置はベース10、該ベース10上に結合する集光カバー20、光起電モジュール30、該ベース10に連接する電力コネクター50、該ベース10に連接する接合機構40からなり、該集光カバー20は該ベース10との間に収容設置空間21を形成し、該光起電モジュール30は該収容設置空間21内に設置され、該ベース10上に固定され、該光起電モジュール30は蓄電池32及び該蓄電池32に電気的に連接するソーラーチップ31を含み、該ソーラーチップ31は該集光カバー20に対応し設置し、該電力コネクター50は該蓄電池32に電気的に連接し、該接合機構40は該収容設置空間21外部に位置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):