(54)【考案の名称】隠蔽はがき

(73)【実用新案権者】T&Cリンクス株式会社

(73)【実用新案権者】吉捷欣国際股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広告や個人情報等の重要情報を隠蔽することができる往復はがきに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、葉書に印刷される広告や個人情報等の重要情報を保護しながら送付することができる隠蔽はがきが採用されている。例えば、表面が往信用葉書の宛名面で裏面が返信用葉書の文面である第1紙片と、表面が往信用葉書の文面で裏面が返信用葉書の宛名面である第2紙片と、表裏面に再剥離接着剤が塗布された接着紙片を備えた特許文献1に記載の技術が開示されている。
【0003】
この特許文献1に記載の技術は、第1紙片の表面と第2紙片の表面とが表示されるように3枚の紙片形状に貼り合わせた後、巻き三つ折りをすることにより往信用葉書として形成される。また、往信用葉書として利用された葉書を展開した後、第1紙片の裏面と第2紙片の裏面とが表示されるように3枚の紙片形状に貼り合わせた後、巻き三つ折りをすることにより返信用葉書として形成される。
【0004】
また、本願考案者が考案者である過去の出願で、折り込み部分の厚みを低減できる少なくとも6つの葉書サイズの紙片が連結される隠蔽はがきが開示されている(特許文献2参照)。

【効果】

【0014】
本考案の1つの隠蔽はがきによれば、情報保護シートの大きさの制限が大きく緩和されるとともに、その保護シートの面積がたとえ従来よりも大幅に拡大されたとして、なおも多くの情報を記入できるスペースを得ることができる。また、この隠蔽はがきは、一旦、その接着状態が解かれた後でも重要情報を適切に保護することができる。
【0015】
本考案のもう1つの隠蔽はがきによれば、前述の効果に加え、重要情報を記入すべきことを使用者に注意喚起するとともに、重要情報が記入され、隠蔽はがきの接着状態が解かれた後であっても、隣り合う紙片上に設けられた情報保護シートを利用して容易にその重要情報を隠蔽して保護することができる。

(57)【要約】

【課題】隠蔽はがきの利便性の向上と、機密情報の柔軟且つ適切な保護を実現する。【解決手段】隠蔽はがきは、6つの葉書サイズの紙片11〜16がその紙片の短辺方向に直列に連結されたシート10を備え、再剥離性粘着剤によって、シート10を構成する各々の紙片11〜16のうち中央に位置する2つの紙片13,14の隣り合う一方の面を除いて、各々の紙片11〜16の片面と各々の紙片に隣接する他の紙片の片面とが接着されている。その上で、再剥離性粘着剤によって接着されない2つの紙片13,14のうちの1つの紙片上に情報記入欄が設けられるとともに、再剥離性粘着剤によって接着されない一方端の紙片11上に、再剥離再貼付剤又は再剥離再貼付層を備えた情報保護シートが分離可能に貼り合わされている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):