(54)【考案の名称】携帯型折畳みソーラー充電装置

(73)【実用新案権者】珍通能源技術股▲ふん▼有限公司

(73)【実用新案権者】▲じつ▼新科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラー充電装置に関し、特に、携帯式折畳みソーラー充電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
日常生活において、太陽エネルギを用いて電力を発生する技術がますます広汎に応用されている。携帯電話、PDAなどの携帯型電子機器に携帯型ソーラー充電装置がますます用いられている。
【0003】
従来の携帯型電子機器に用いられている携帯型ソーラー充電装置は、本体、回路板、接続器およびソーラー発電ユニットを含む。回路板は、本体内部に配置されている。接続器は、本体の一方の端部に接続され、回路板に電気的に接続されている。ソーラー発電ユニットは、片体であることが多く、本体の端面に貼設され、回路板に電気的に接続されている。
【0004】
従来の携帯型ソーラー充電装置が使用される際には、充電装置が日光の照射する位置に配置され、接続器と携帯型電子機器の電源コンセントとが接続されて携帯型電子機器に充電が行なわれる。
【0005】
従来の携帯型ソーラー充電装置には、使用上において、いくつかの問題点が存在した。携帯に便宜を図るため、本体の長さ、幅および厚さのサイズは、小さめである。そうしないと、本体の体積が大きくなりすぎて携帯に適さないからである。しかし、このままだと、本体の端面面積が小さく、限られた大きさのソーラー発電ユニットしか配置できず、発電面積が小さすぎて発電能力を向上させることができなかった。

【効果】

【0009】
本考案の携帯式折畳みソーラー充電装置は、第2の光エネルギ転換モジュールおよび第3の光エネルギ転換モジュールが第1の光エネルギ転換モジュールに対してヒンジ構造によって展開することで、ソーラー充電装置の発電面積を増加させて発電量を向上させることができる。第2の光エネルギ転換モジュールおよび第3の光エネルギ転換モジュールが第1の光エネルギ転換モジュールの上方および下方にそれぞれ折畳まれることにより、ソーラー充電装置のサイズを減少させることができる。接続器がUSBコネクタであるため、さらに多くの携帯型電子機器に用いることができ、実用性を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】ソーラー発電による充電装置の発電量を向上させた携帯式充電装置を提供する。【解決手部】第1、第2及び第3の光エネルギ転換モジュール10,20,30および接続器40を具える。第2及び第3の光エネルギ転換モジュール20、30は、それぞれ第1の光エネルギ転換モジュール10の両側縁にヒンジ構造により折り畳み可能にヒンジ接続され、それぞれ第1の光エネルギ転換モジュール10の上、下面側に折畳まれる。同様にしてさらに光エネルギ転換モジュール70、80を折り畳み可能に設けて、これらの展開状態において必要な発電量を確保する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):