(54)【考案の名称】管理ラベルのラベルシート

(73)【実用新案権者】大成ラミック株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、プラスチックフィルムや紙類、金属箔等の各種包装用フィルムのロール状製品(以降、「製品ロール」と称する。)に貼付する管理ラベルのラベルシートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
プラスチックフィルムや紙類、金属箔等の各種包装用フィルムは、素材メーカーから、長尺のフィルムを広幅のロール状に巻いた状態(原反ロール)で出荷されるのが普通である。その後、その原反ロールは、必要に応じて印刷やコーティング等の表面処理や他のフィルムとラミネート処理等が施されたのち、その使用目的や用途に合わせて、スリット加工や剪断加工等で任意の幅、長さの製品ロールに分割して使用に供されている。
【0003】
このような場合、例えば、1つの原反ロールを幅方向で10条にスリットし、長さ方向で5分割したようなときには、1つの原反ロールから50個の製品ロールが発生するため、そのままでは、製品ロールの製造履歴が不明となってしまう。そこで、斯かる不具合を防止するため、全ての製品ロールに、原反ロールや製品ロールの管理情報(原反ロール番号、製品ロール番号、製品ロール採取位置、寸法、欠陥発生位置、バーコード等)を記載した管理ラベルを貼付することが一般に行なわれている。
【0004】
上記管理ラベルは、製品ロールの外周あるいは側面に貼付されていた場合、剥がしてから使用に供されるため、その管理ラベルを紛失したときには、その製品ロールの管理情報は一切不明となってしまう。そこで、管理ラベルは、製品ロールの内径に装入された紙製の芯管やスリーブ(以降、「紙管」と称する。)等の内周面に貼付することが行なわれている。

【効果】

【0013】
本考案の管理ラベルのラベルシートを用いることにより、管理ラベルの取り違えや紛失といった問題点や管理ラベルの管理という煩わしい作業もなく、2枚以上の管理ラベルを製品ロールの紙管内周面と外周面といった複数の箇所に、間違いを起こすことなくかつ容易に貼付することができる。また、本考案によれば、従来用いていた製品ロールの外巻端部の固定テープや残った管理ラベルを固定しておくためのテープ等が不要となるので、作業効率を大幅に向上することができる。

(57)【要約】

【課題】管理ラベルの貼付作業の効率化が可能で、外巻端部の固定テープとしての機能も有する管理ラベル用のラベルシートを提供する。【解決手段】2枚以上の管理ラベルが並列して粘着された1区画の剥離紙がミシン目加工を介して切り離し可能に連結されたラベルシートにおいて、少なくとも1枚以上の管理ラベルが粘着された部分の剥離紙に、ラベル並列方向に対して直角方向に裏スリット加工が施されてなることを特徴とする管理ラベルのラベルシート。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):