(54)【考案の名称】定規付き文具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】株式会社真和

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は定規付き文具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
この種の考案としては実用新案登録第3134356号公報がある。該公報は定規と分度器付きクリアホルダーとしてクリアファイルの上部に定規の目盛と分度器の目盛を設け、ミシン目より切り離すことができるようにしたことを記載している。

【効果】

【0005】
本考案はクリアファイル,ブックカバー,ノートカバー,手帳など文具の1乃至4辺の全長にメジャー目盛を付したので、どの辺でも物の長さを測定することができるという効果を生ずる。
【0006】
4辺にメジャー目盛を付した定規付き文具の四隅の小孔を軸にして回動することで、文具より大きい物まで、その長さを測定することができるという効果を生ずる。
【0007】
メジャー目盛をクリアファイルの背面に設けることで、ファイル表面の文字、図柄を邪魔することがなく、また挟み入れ書類によってメジャー目盛を隠すことができるという効果を生ずる。

(57)【要約】

【課題】咄嗟のときに便利なメジャー機能を備えたクリアファイルなどの文具を提供する。【解決手段】クリアファイルなどの文具の1乃至4辺の全長にメジャー目盛を付して書類等の挟み入れと保護,記帳のほか、物の長さを簡易に測れるようにし、且つメジャー目盛は表面のデザインを邪魔しないようにすることと、挟み入れ書類によって隠れるようにクリアファイルの背側の中面または裏面に設け、さらにクリアファイルなどの定規付き文具の四隅に小孔を設けて壁面等にフック掛けを可能にするほか、該小孔を軸にクリアファイルなどを回動させて1辺より大きい物の長さの測定を可能にした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):