(54)【考案の名称】地震に因る木造家屋倒壊時に使用する屋内避難機具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【001】
本考案は屋内滞在中、特に就寝中等に発生する、地震に対応する、為寝具を避難機具の内部設置する事が出来る、機具である。

【従来の技術】

【002】
従来は家屋本体の補強或いは、携帯避難具、の対策であった。

【効果】

【005】
通常屋根型天蓋付き、ベット様の形体で使用出来地震災害時に倒壊圧から人体を保護しその他非常時の備品等も装備可能である
【考案を製造実施する為の最良の形態】
【006】
屋内避難具の完成外観形態は三角柱形状で横に置いた状態で使用製造実施に際しては、直線形状素材の組み合わせで完成する、事が出来る。

(57)【要約】

【課題】人間の就寝中に発生する地震災害に因る、木造家屋倒壊被害等から人体の生命、怪我等保護維持に、確実な機具を提供する。【解決手段】金属構造材にて、組み上げた、合成樹脂製の遮蔽板を上部覆いとした、上部鋭角ピラミッド形状保護機具は確実に木材等の落下物から人体を保護出来且つ避難の時間的猶予をもたせる。通常屋根型天蓋付き、ベット様の形体で使用出来、地震災害時に倒壊圧から人体を保護し、その他非常時の備品等も装備可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):