(54)【考案の名称】電池保護信号採集回路

(73)【実用新案権者】正▲うえ▼精密工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の信号採集回路に係り、特に一種の電池保護信号採集回路に関する。

【従来の技術】

【0002】
過充電、過放電と過電流等の状況は、往々にして電池の性能と使用寿命に影響を与え、爆発を引き起し得る。このため電池は一般に充電、放電状態に対して効果的に監視し、並びにある条件下で充電、放電回路を切断する電池保護回路を必要とし、電池保護回路はいずれも信号採集回路を必要とする。
【0003】
図2を参照されたい。周知の電池保護信号採集回路1’は、電池保護主回路(図示せず)に電池保護信号を提供するために用いられる。該電池保護信号採集回路1’はサーモスタットT1、サーモスタットT2、演算増幅器U1、信号出力端Outputを包含する。サーモスタットT1とサーモスタットT2は二つの信号採集点とされ並びにそれぞれ異なるリチウム電池(図示せず)の傍らに設置される。リチウム電池が正常に作動している時、信号出力端Outputは低レベル信号を出力する。例えば、サーモスタットT1の傍らに置かれたリチウム電池が過充電、過放電等の原因により発熱する時、サーモスタットT1の抵抗が増大し、これによりサーモスタットT1両端の電圧が増大し、これにより演算増幅器U1の出力電圧が増大し、これにより信号出力端Outputが高レベル信号を出力する。電池保護主回路は信号出力端Outputの出力する高レベル信号を受け取った後、この高レベル信号に基づき、リチウム電池の充電、放電回路を切断し、これによりリチウム電池を保護する。

【効果】

【0007】
上述の手段により、電池が過充電或いは過放電等の原因により発熱する時、リアクトルが対応する電池の高温を検出して回路を切断し、信号出力端が高レベル信号を出力し、これが、信号出力端と接続された電池保護主回路に提供する制御信号とされ、これにより電池の充電放電回路を遮断し、電池を保護する。本考案の電池保護信号採集回路は、構造が簡単で、占有空間が小さく、製造コストが低い。

(57)【要約】

【課題】 構造が簡単で占有面積が小さく製造コストが低い電池保護信号採集回路の提供。【解決手段】 電圧入力端と接地端の間に直列に接続されると共に電池付近に設置された少なくとも一つのリアクトルと一つの分圧抵抗を包含し、該リアクトルと分圧抵抗の間には信号出力端が接続されている。電池が過充電或いは過放電等の原因により発熱する時、リアクトルが対応する電池の高温を検出して回路を切断し、信号出力端が高レベル信号を出力し、これが、信号出力端と接続された電池保護主回路に提供する制御信号とされ、これにより電池の充電放電回路を遮断し、電池を保護する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):