(54)【考案の名称】揺動式三輪自転車

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、前二輪後一輪の揺動式三輪自転車に於いて、揺動時と正立時との左右操行特性の差を、解消する事を目的とする。

【従来の技術】

【0002】
従来揺動式三輪車は、前一輪後二輪式で操行は前一輪で行われ、左右操行特性には差は無かった。

【効果】

【0005】
よって、本考案のステアリングシステムを使用する事により、運転者は後部フレームを揺動させながらスムーズなハンドル操作が可能となり安全運転に役立つ。

(57)【要約】

【課題】前二輪後一輪の揺動式三輪自転車に於いて、揺動時と正立時との左右操作特性の差を解消する事を目的とする。【解決手段】前部フレーム1に対して揺動する後部フレーム2の揺動軸の中心線上に、ステアリングシャフト4とナックル5とをつなぐタイロッド6のステアリングシャフト側ボールジョイント7の中心を合わせて設置し、ナックル側ボールジョイント8の中心を揺動軸の中心線と同一の高さになる様設置する。この様に設置する事により、揺動時に発生するタイロッドの左右運動を解消し、正立時と同様の操作特性を得られる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):