(54)【考案の名称】インクジェット用ラベル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、少量を使用するボトル等のデザインサンプル用として、インクジェットプリンターで簡単で容易に制作できるインクジェット用ラベルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来この種のペットボトル等のパッケージダミー(容器見本)を製作する際には、デザイン画像をシュリンクフィルムに印刷したものをボトル等に巻着し、ドライヤー等で熱を与える事によってフィルムを収縮してボトル等に密着させて仕上げる事が実施されている現状である。
そこで、従来は、このような少量のシュリンクフィルムへの印刷は、シルクスクリーン印刷、または熱転写型プリンタ等が使用されている。
然しながら、シルクスクリーン印刷は、印刷のための版を作成する必要があり、少量のラベルには不適当である問題点がある。
また、熱転写型プリンタでは、プリントスピードが遅いために、昨今ではメーカーが製造を停止するため、使用者にとっては、大変に供給上の不安を抱える状態となっている問題点もある。
更に、画像の面では、使用者はインクジェット方式による高精細な仕上がりを求めており、一般の事務用に用いられているインクジェットプリンタで作成される材料の出現を求めている状況である。

【効果】

【0005】
本考案のインクジェット用ラベルによれば、従来の如く、製作のために、わざわざ専用の高価な機械を購入する必要がなく、通常の事務作業で使っているインクジェットプリンタのみでシュリンクラベルが作れるため、少数量のラベルのものでも安価及び迅速に制作できる効果がある。そして、シート基材2の裏面に施した白い裏打ちについては、従来のものでは、白インクを塗ったり、スプレーで吹き付けたり、シルクスクリーン印刷で印刷する必要があったが、本考案によれば、該ライナーシートをシュリンクフィルム面に重ねて、ヘラ等で擦るだけで白色皮膜が転写でき、著しく迅速であると同時に、手や周囲の物を汚染することがない効果と、作業環境と作業効率が向上すると云う効果もある。

(57)【要約】

【課題】少量に使用されるボトルのデザインサンプル用としてのインクジェットプリンタ用であって、簡単容易に製作する事を目的としたインクジェット用ラベルを提供する。【解決手段】シート基材1の表面に再剥離型粘着剤を塗布し、表面にインクジェット受像層を塗布したシュリンクフィルムを該再剥離型粘着剤に重合したプリントシートを形成する。シート基材2の表面に離型剤層、白色樹脂層、粘着剤層を順次積層してライナーシートを形成する。該プリントシートと、該ライナーシートとを重合剥離してインクジェット画像を構成する事を特徴としている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):