(54)【考案の名称】横型日めくりカレンダー用状差し

(73)【実用新案権者】有限会社手塚

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、横型日めくりカレンダー用状差しに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、多くの横型日めくりカレンダーは、ボール紙に取り付け穴があいた台紙とセットされて販売されてきた。それは、台紙に名入れをして、その下部に横型日めくりカレンダーをリングや鋲で取り付けて壁面に掛けるという販売方法が主流であった為である。台紙とのセットの販売は、袋入れの加工には平面の台紙と厚みのある横型日めくりカレンダーが体積を増し梱包用外箱に多く入らない。そのために運賃がかさんでしまう。セットをしなくても形状が違うので梱包しにくい。また、名入を必要としない小売用の横型日めくりカレンダーもこの従来の名入れ用の台紙とのセット販売が踏襲されてきた。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案の横型日めくりカレンダー用状差しは、壁面に掛ける台紙の代わりになるので、台紙とのセット販売方法よりも梱包用外箱や運賃等の経済的負担がかなり削減できる。状差しの付加価値が加わり、状差し内に横型日めくりカレンダーを収納することでコンパクトなサイズとなり、小売販売の場合の売り場面積が小さくてすみ、購入者が持ち帰えるにも便利である。

(57)【要約】

【課題】紙製の状差しと横型日めくりカレンダーを一体化させた、壁面に掛けられるところを特徴とする横型日めくりカレンダー用状差しを提供する。【解決手段】紙製の折り曲げ貼り加工のしやすい部材で状差しを作り、横型日めくりカレンダーを下部の溝に差し込み割りピンを通して留める。横型日めくりカレンダー用状差しは、壁面に掛ける台紙の代わりになるので、台紙とのセット販売方法よりも梱包用外箱や運賃等の経済的負担がかなり削減できる。状差しの付加価値が加わり、状差し内に横型日めくりカレンダーを収納することでコンパクトなサイズとなり、小売販売の場合の売り場面積が小さくてすみ、購入者が持ち帰るにも便利である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):