(54)【考案の名称】小型薄型の紙めくりジェル容器を取り付けた、本の栞。

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この実用新案は、紙めくりジェルを注入した容器を、本の栞に一体化させたものに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、紙めくりは、事務用の机上用品であった。

【効果】

【0005】
紙めくりジェル容器が栞と一体となったことにより、読みかけの本に挟んで、いつでも持ち歩く事ができる。電車の中などで読書をする際、特に冬場では、指先が乾燥して滑ってしまい、ページをめくる事が難しいことがある。こんなとき、指をなめずに、指先に紙めくりジェルをつけることができる。

(57)【要約】

【課題】冬場の乾燥する時期に、指が滑って本のページがめくりにくくなる時のために、外出先でもすぐに紙めくりジェルを使用出来るように、本にはさむ、薄くて小型の紙めくりジェル容器を取り付けた栞を提供する。【解決手段】栞2に、紙めくりジェルを注入した容器1を取り付け、栞の一端を折り曲げて容器のフタ3とする簡単な構造を特徴とする。紙めくりジェル容器が栞と一体となったことにより、読みかけの本に挟んでいつでも持ち歩くことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):