(54)【考案の名称】日本製自動車の中古エンジンを搭載したトライク

(51)【国際特許分類】

B62K 5/04 ・・二軸をもつもの

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、車体と、この車体に取り付けられたハンドルにより操舵される一つの前輪と、前記車体に搭載されたエンジンにより駆動される左右一対の後輪を備えた三輪車(「トライク」という)に関する。

【従来の技術】

【0002】
身体的に障害のある人や高齢で自動二輪の操作が容易でない人が、気軽に自動二輪を操る気分を味わいたくても、トライクはヨーロッパ製やアメリカ製のエンジンを搭載した高価なものか、自動二輪車の後輪を2輪に改造したものしかなかった。
【0003】
トライクのブレーキに関しては、シリンダー型のブースターを使用しており、自動車に一般的に使用されている負圧式のブースターを使用していなかった。
【0004】
ワイヤーを連結する際に高低差が生じた場合、これを解決するために棒状や板状のリンクを介して連結していた。

【効果】

【0009】
日本製自動車の中古エンジンを搭載することにより、安価でかつ信頼性が高いトライクが提供でき、誰でも気軽に自動二輪車を操る気分を味わうことができる。
【0010】
エンジンからの負圧をブレーキブースターに利用することにより、ブレーキペダルを押し込む力を増幅し、マスターシリンダーからブレーキ液を押し出す力が倍化し、より少ない力でブレーキの制動力を高めることができる。
【0011】
棒状、板状のリンクでなく、円形のリンクを利用することにより、ワイヤーの取り回し及び連結方法の自由度が増すとともに、連結部分の耐久性を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】安価でかつ信頼性の高い三輪の自動車(トライク)を提供し、身体的に障害のある人や高齢者の自由にかつ気軽に自動二輪車の気分を味わいたいという夢を具現化する。またより少ない踏力で制動力を高めたトライクを製作し、二本のワイヤー間の高低差の問題を解決すると同時にワイヤー連結システムの耐久性を向上させるトライクを提供する。【解決手段】日本製自動車の中古エンジンをトライクの車体に取り付け、ミッションおよびドライブシャフトを経由して駆動を後輪2輪に伝えて前進、操舵は車体前方に取り付けられたハンドルを操作し、前輪を左右に曲げることにより、誰でも気軽に自動二輪車を操る気分を味わうことができる。また少ない踏力で制動力を高めるために、自動車に一般的に使用されている負圧式のブレーキブースターをトライクに利用する。二本のワイヤー間の高低差を解消するために、棒状や板状のリンクではなく、円形のリンクを利用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):