(54)【考案の名称】コネクタ

(73)【実用新案権者】株式会社ジョイン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1B

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ケーブルの接続端同士を接続するコネクタに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のコネクタとしては、例えば、特許文献1に記載のプッシュプルコネクタが知られている。
【0003】
このプッシュプルコネクタは、オスコネクタ及びメスコネクタを有し、これらのオスコネクタ及びメスコネクタに、それぞれ接続する方向に向かって延びるレバーを設け、それらのレバーの何れか一方を撓みレバーとし、それらのレバーの何れか一方にはロック爪と第2の爪を、他方には該ロック爪が係合するロック孔を設け、またオスコネクタとメスコネクタの外側には、この第2の爪を中心に向かって押圧するロック解除環を長手方向に摺動すべく遊嵌している。
【0004】
このコネクタを接続する場合には、オスコネクタとメスコネクタとを接近させると、一方のレバーのロック爪が他方のレバーのロック孔に係合することで、接続状態がロックされる。また、コネクタを外す場合には、ロック解除環を摺動させて、第2の爪を押圧させることにより、ロック爪とロック孔との係合を解除しロックを解除した状態で、両コネクタを反接続方向に引っ張ることにより、接続を外すことができる。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案によれば、接続時にはオスコネクタとメスコネクタとを接近させ、凸部と凹部の嵌合力によってロックし、接続を外す時にはオスコネクタとメスコネクタとを凸部と凹部の嵌合力以上の力で引き離せばよいので、従来のように、コネクタを外す動作とは別の動作が不要であり、操作が簡単で確実である。また、小型に構成することができる。
【0014】
オスコネクタの接続端部分とメスコネクタ接続端部分とがそれぞれポリカーボネートにより構成されているために、耐候性に優れ、また、多数回のコネクタの着脱に対しても、凸部と凹部との間の嵌合力を保持することができ、安全である。
【0015】
請求項2記載の考案によれば、オスコネクタの接続端部分の一部とケーブルの接続端とがオスコネクタ基部によって包囲されて一体化され、メスコネクタの接続端部分の一部とケーブルの接続端とがメスコネクタ基部によって包囲されて一体化されるので、防水性を持たせることができる。
【0016】
請求項3記載の考案によれば、Oリングによってオスコネクタの接続端部分とメスコネクタの接続端部分との間から内部に水が侵入することを防ぐことができ、防水性を高めることができる。
【0017】
請求項4記載の考案によれば、オスコネクタの接続端部分の内周面とメスコネクタの接続端部分の外周面とを接触させることで、オスコネクタの接続端部分の内部に配設された接触ピンとメスコネクタの接続端部分の内部に配設された接触受けピンとを接続可能な構成とすることができ、コネクタを小型に構成することができる。

(57)【要約】

【課題】確実性、安全性を持ち、簡単にロックを行うことができるコネクタを提供する。【解決手段】互いに接続すべきケーブル10、12の接続端にそれぞれ連結されたオスコネクタ14とメスコネクタ16とを有し、オスコネクタ接続端部20とメスコネクタ接続端部40とはポリカーボネートからなり、オスコネクタ接続端部20の外周面には凹部が形成され、メスコネクタ接続端部40の内周面には凸部が形成されて、接続時に、オスコネクタ14とメスコネクタ16とを接近させることにより、凸部と凹部とが嵌合し凸部と凹部とによる嵌合力によりロックがなされ、接続を外すときには、オスコネクタ14とメスコネクタ16とを前記嵌合力以上の力で引き離すことによりロックが解除される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):