(54)【考案の名称】再利用可能な封筒、ハガキ、ダンボールケース

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、住所の書かれた封筒やハガキあるいは送り状の貼られたダンボールケースなどを新品同様に再利用できる新規技術を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
封筒やハガキなどの郵送物は、従来送り側が1回利用するためだけの立場に立って使用されており、その表面に送り先の住所や宛名が書かれていたり、あるいは切手が貼られていたりするため、再利用は困難であった。またダンボールなどでは送り状ラベルが貼られているが、再利用のためそれらを剥がしたとしても、剥がし後が汚いため、廃棄するケースが多かった。

【効果】

【0005】
本考案は、従来より存在する粘着力の弱いリタックシールと呼ばれる弱粘着性のシールを使用するもので、貼った場所から剥がれやすい性質を利用し、受け取った側が簡単にかつ美しくシールを剥がすことができる。従来との考え方の違いは、受け取った側が再利用を考えるのではなく、送り主側が主体的に封筒やハガキ、ダンボールの再利用を意識することによって、受取側に再利用を促すことができ、資源の有効利用にもつながるものである。
【0006】
また、予め、封筒やハガキなどの場合、リタックシールを貼る前の元の表面に返信先の住所を印刷しておくことにより、受け取った側が、表面のシールを剥がすだけで、もとの封筒やハガキを利用して、そのまま返信することが可能である。アンケート回答用のハガキや封筒として直ぐに利用可能となる。

(57)【要約】

【課題】封筒やハガキ、あるいは、ダンボールケースなどを受け取った人が、その受領した物に貼られたラベルを簡単に剥がせることによって、封筒やハガキ、ダンボールケースなどをあたかも新品として再利用できることを目的とする。【解決手段】リタックシールと呼ばれる再剥離が可能な粘着力の弱いシールを、封筒等の表面にあらかじめ貼っておき、その上に送り先の住所、氏名などを記載することにより、受け取った側は封筒を再利用したいとき、その表面のシールを剥がすだけで、新品同様に使用が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):