(54)【考案の名称】厚い紙の印刷用紙

(73)【実用新案権者】株式会社パック・ロード

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、厚い紙の印刷用紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、プリンターで印刷できる紙の厚さは一定の幅はあるものの限度があり、その限界を超えると印刷は不可であった。しかも、以上の技術によっても通常の保管状況で外囲の温湿度の変化によって紙が反り返った印刷用紙は印刷面が平らにならず、印刷が不鮮明であったり、プリンターのインクヘッドと接触し易く、それが原因でプリンター本体が故障することがあった。

【効果】

【0005】
第一考案、または第二考案によれば、厚い紙の印刷用紙裏面に粘着性を持たせ、印刷給紙台と圧着させる事で平らな紙として扱えるため、印刷面が平らになり鮮明な印刷がし易く、また、プリンターヘッドと印刷用紙の間隙が均一となるため、プリンターヘッドとの接触による故障の心配もなくなる。
第三考案により、印刷完了後通常の印刷用紙で印刷した物と同様に扱える。

(57)【要約】

【課題】厚い紙の印刷用紙の印刷面を平らに保ち、印刷の精度を上げると共に、プリンターヘッドが接触しない均一な間隙を保つ厚い紙の印刷用紙を提供する。【解決手段】厚い紙の印刷用紙の底部に離ケイ紙5を貼付する。この本体1及び離ケイ紙5の裏面に粘着台紙シート2を貼付する。粘着台紙シート2には両面に粘着部3,4を貼付する。印刷開始時に本厚い紙の印刷用紙から離ケイ紙6を剥がし、印刷給紙台に置くと粘着部4の働きで、印刷用紙と印刷給紙台が密着され、印刷面が平らになり印刷が容易になる。印刷後は粘着台紙シート2と粘着部3、4を厚い紙の印刷用紙1から剥離すれば、離ケイ紙5の効果で簡単に剥がれ、かつ粘着部がなくなるので、汚れを気にせず普通の厚い紙の印刷物として扱える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):