(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】株式会社 明間印刷所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、名刺に付加価値を付与すべく、単に氏名、住所、勤務先、身分などを表示するだけでなく、カラフルなデザインとしたり、更には、例えば実用新案登録第3020384号に開示されるように、氏名が表示される人物の顔を絵や写真で表示したりするなど、様々なアイデアが盛り込まれた名刺が種々提案されている。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案は上述のように構成したから、単にカラフルなデザインとしたり、氏名が表示される人物の顔が絵や写真で表示されるだけの場合に比し、極めて斬新でユニークな構成故に名刺を渡した相手に非常に強いインパクトを与え、この名刺を渡した相手に氏名と顔を強く印象付けることができるなど、名刺の機能を最大限に発揮し得る極めて商品価値の高い画期的な名刺となる。

(57)【要約】

【課題】商品価値の高い名刺を提供する。【解決手段】外面部に氏名表示部を有する折畳み可能な名刺3であって、この名刺3は開いた際、内面部に立体4が突出状態で現出するように構成され、前記立体4には、前記氏名表示部に氏名が表示された人物の顔5を表示する。また該人物の顔5は、材料薄片6における縦折れ線部6aを境とした左右位置に、材料薄片6の横方向に長さを有する切り抜き部4aを所定間隔を介して並列状態で形成するとともに、縦折れ線部6a付近に折り曲げ部4bを形成している。この左右の切り抜き部4aは互いに連設しない互い違いの位置に形成して構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):