(54)【考案の名称】苗ポット展示トレイ装置

(73)【実用新案権者】有限会社豊幸園

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数の苗ポットを収納する苗ポット展示トレイ装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から植物の苗ポットは、その販売に際してポット収納トレイに収納された状態で店頭に置かれて販売される。この販売時には、苗ポットにおける植物の種類に応じた商品説明と宣伝用を兼ねた表示プレートが取り付けられている(特許文献1参照)。
【0003】

(57)【要約】

【課題】単一のポット収納トレイに収納する植物の種類を、複数種でも対応可能にする苗ポット展示トレイ装置を提供する。【解決手段】ポット収納部1aに着脱可能に装着され、苗ポットPにおける植物の商品情報が表示される表示部2aを有する表示プレート2と、を備え、表示プレート2は、ポット収納トレイ1の幅方向及び奥行方向の各寸法に対して、それぞれ2枚以上が並列可能な幅寸法を有し、かつシート部材の上方側を表示部2aとなし、該表示部2aには、単一種の植物に関する商品情報が表示され、ポット収納トレイ1は、ポット収納部1aの全数より少ない数で、複数のポット収納部1aが集合して区画される集合区画領域を複数含み、これら複数の集合区画領域のそれぞれに対して、植物の種類を異ならせた単一種の植物の商品情報が表示される表示プレート2を、当該集合区画領域の仕切部1dに装着させて配設したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):