(54)【考案の名称】ウォーターサーバ用の給水容器

(73)【実用新案権者】株式会社ジャパン通商

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、飲料用の水を供給するウォーターサーバに水を供給するウォーターサーバ用の給水容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、ウォーターサーバは、一般の上水道水よりも良質な原水を、一定温度の温水及び冷水として提供しており、ウォーターサーバには、給水容器に貯留されている原水が供給されている(例えば、特許文献1、2、3参照)。
【0003】

【効果】

【0013】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器においては、給水容器の天井部に蓋付きの大径口を設けたので、内部の水がなくなると、大径口の蓋を開けて内部に注水することができ、ウォーターサーバに給水容器を一度取付けるとウォーターサーバから給水容器を取外さずに、ウォーターサーバに水を連続して供給することが可能になる。そして、給水容器をウォーターサーバから取外して新しい給水容器に取り換える必要がないため、従来のようにウォーターサーバの取水口の周辺が頻繁に露出することがなく、取水口の周辺に水がこぼれることを防止でき、ウォーターサーバの取水口の周辺を清潔に保つことができる。
【0014】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、大径口が、天井部から上方に突出する円筒部を有し、蓋は円筒部の外側に形成されている雄ねじに螺合している場合、給水容器を密閉することができると共に、円筒部に対する蓋の着脱が容易になって、内部への水の注水を効率的に行うことができる。
【0015】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、大径口が、天井部の中央に下方に突出する環状部を有し、蓋は環状部に嵌着可能であると共に、嵌着した蓋と環状部を密閉状態で固定するロック機構を有する場合、給水容器を密閉することができると共に、大径口に対する蓋の着脱が容易になって、内部への水の注水を効率的に行うことができる。
【0016】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、大径口が、天井部の中央に下方に突出し、内側に雌ねじが形成された環状部を有し、蓋には雌ねじに螺合する雄ねじが形成されている場合、給水容器を密閉することができると共に、大径口に対する蓋の着脱が容易になって、内部への水の注水を効率的に行うことができる。
【0017】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、大径口の内径が5cm以上25cm以下である場合、大径口から水をこぼさずに内部に注水することができる。また、大径口から給水容器内に清掃用の機材を挿入することができるので、給水容器をウォーターサーバから取外して内部の清掃を容易に行うことができ、給水容器を繰り返し使用しても内部を清潔に保つことができる。
【0018】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、給水容器が、透明な硬質プラスチックを主体として形成されている場合、給水容器内の残水量を容易に確認することができる。
【0019】
本考案に係るウォーターサーバ用の給水容器において、注水口に、ウォーターサーバへの装着時に開口する栓が設けられている場合、給水容器の注水口をウォーターサーバの取水口に装着するまで給水容器を密閉することができ、給水容器内を清潔に保持することができる。また、内部に水を貯めた状態の給水容器を、ウォーターサーバに水をこぼさないで装着することもできる。

(57)【要約】

【課題】ウォーターサーバに一度取付けると、ウォーターサーバに水を連続して供給することが可能なウォーターサーバ用の給水容器を提供する。【解決手段】飲料用の水を供給するウォーターサーバに設けられた取水口に、底部22に設けられた注水口12を介して接続し、内部13に貯水されている水をウォーターサーバに供給するウォーターサーバ用の給水容器10において、給水容器10の天井部21に蓋14付きの大径口15を設けている。これにより、内部13の水がなくなると、大径口15の蓋14を開けて内部13に注水することができ、ウォーターサーバから給水容器10を取外さずに、ウォーターサーバに水を連続して供給することが可能になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):