(54)【考案の名称】書簡箋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書簡箋に係り、主として便箋を含む書簡箋に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、主として便箋を含む書簡箋として、たとえば図6に示すもの知られている。
【0003】
この書簡箋50は、背51を介して表台紙52と裏台紙53が一体に連続したカバー体54と、多数の用紙55それぞれの一端部を糊付け56して一体に重ねた用紙群57とからなり、この用紙群57の糊付け56されている前記一端部が背51に覆われているとともに、裏台紙53の一端部表面に糊付けされている。

【効果】

【0011】
本考案に係る書簡箋によれば、用紙群の他端面は、常時は、保護背によって接離可能に覆われて保護されるので、用紙群他端面への塵芥などの付着は確実に防止されるとともに、最上面用紙表面の少なくとも他端部の2つのコーナ部は、常時、開閉部によって覆われることにより、各用紙他端部の2つのコーナ部が上向きにめくり上がる不都合を防止できるので、各用紙本来の形態を維持して見栄えの低下を回避できるばかりか、従来必要とされていた煩雑な工程の削減によって、製造作業性を向上させることができる。

(57)【要約】

【課題】用紙群他端面への塵芥などの付着および用紙群の2つの先端コーナ部の上向きのめくり上がりなどを防止することで、用紙群本来の形態を維持して見栄えの低下を回避するとともに、工程の削減により製造作業性を向上させることができる書簡箋を提供する。【解決手段】書簡箋1は、背4を介して表台紙3と裏台紙5が一体に連続したカバー体2と、多数の用紙8a一端部を糊付けして一体に重ねた用紙群8とからなり、カバー体2は、裏台紙5に連設されて用紙群8の他端面9Aを接離可能に覆う保護背6と、この保護背6に連設されて折り畳みにより用紙群8の最上面の用紙表面他端部の2つのコーナ部を覆い、かつ、折り畳み解除により最上面の用紙の表面から離れて2つのコーナ部を露出させる開閉部7とを備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):