(54)【考案の名称】圧着はがき

(73)【実用新案権者】株式会社スギノ印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、郵便はがきに圧着用紙からなる宣伝広告紙を糊着した圧着はがきに関する。詳しくは、マット紙又はコート紙製の圧着用紙の対接面に宣伝広告、お知らせ等の通知情報、或いは隠蔽情報を盛り込むとともに、この対接面を剥離可能に圧着し、かつ、この圧着用紙を例えば当りくじ付きの年賀又は暑中舞いの郵便はがきの裏面に剥離不可能に糊着した圧着はがきに関するものであり、広告面の増大とともに当たり番号を確認する度に宣伝広告に目が触れるようにして多大な宣伝広告効果をもたらし、或いは隠蔽情報を伝達するようにした圧着はがきに関する。

【従来の技術】

【0002】
圧着はがきは、従来の郵便はがきと同サイズに構成することによって、第二種郵便物として同じ郵便料金で郵送できる利点がある。このため、圧着はがきはこれまでの封筒を用いた隠蔽情報の伝達手段や封書式のダイレクトメールに代わる情報の伝達手段として急速に広まっている。
【0003】
近年は、通信、郵便等の連絡手段で情報を伝達する量が多くなる一方で、個人情報等、親展性を必要とする連絡手段が要望されている。また、封書よりも郵便料金が安く、封書と同様に通信の機密保持が可能な親展性をもつはがき用紙が開発され普及している。この親展性をもつはがき用紙は、内容説明、注意事項、依頼事項等の定形事項を色インキで印刷した後、トナー定着型のレーザープリンター方式で受取人の住所、氏名等の宛名面及び親展面である接着層面に暗証番号、会員番号、請求金額、預金残高等の個人情報を記録した用紙を二つ折り、または通知情報を多く記録できる三つ折り状のはがき仕様に親展面を内側にして折り畳み、再剥離が可能となるように圧着して通知情報を隠ぺいした後、郵送して受取人が再剥離可能な部分を開いて個人情報を読み取る圧着はがき用紙が普及している。
【0004】
従来から、親展情報を伝達する簡易な手段として、加圧時に接着性を有し圧着後に剥離可能な感圧接着剤を主成分とした接着層を有する圧着はがきが知られている。また、金員払込扱原票、扱店控、払込人控に分離できる金員払込扱票において、印刷されたバーコード等の機械読み取り情報に基づいて利用代金や購入代金等の支払いができるシステムが知られている。前者の一例として次のようなものがある。すなわち、加圧により接着可能な再剥離型の感圧接着剤を塗布した用紙を用い、親展情報を印字した後に二つ折り又は三つ折り等に折り畳んで加圧ロール間に通して親展面同士を接着し、圧着はがきを製造するタイプのものがある。受取人はこの圧着はがきを受け取った後、接着された親展面を剥離して親展情報を読む。この際、剥離した後は通常の方法では再接着できない工夫を施しているので、いたずら防止性に優れ、かつ、親展性を確保しており、封書に比して郵送料が安価で広く利用されている。
【0005】
その他、複数の矩形状のはがき紙片を折込み縁を介して連続させ、各はがき紙片を折込み縁で折り畳んで、その対接面を剥離可能に面接合してなる隠蔽はがきは、昨今、企業から個人宛等の郵便はがきとして広く用いられている。この隠蔽はがきは、接合面に記載された秘匿情報を、容易に隠蔽することができ、かつ、従来の普通のはがき に比して多くの情報が記載できるので有用性が高い。ところで、この種の隠蔽はがきにあって、往復はがきとして用いられるものがある。はがきに添付する宣伝広告等の通知情報量を増やすために多数枚重ねることがあり、これらの物は従来から使用されている。
【0006】
一方、通常のはがきでは裏面に情報を通知する機能があり、或いは年賀又は暑中見舞いのお便りの機能があるが、お年玉の当たり番号を確認したら廃棄することが多い。
【0007】
このようにダイレクトメール等の郵便物の機会が多いことを背景に、郵便はがきに別紙の広告用紙を膠着したダイレクトメールの考案が提案されている。Z状に三つ折りされる左右に連続した三枚の矩形状のはがき 紙片を備え、各はがき 紙片のその表面を印字面として、左側に位置するはがき 紙片の表面に往信用宛名情報を印字する往信用宛名表示面を設け、中央及び/又は右側に位置する各はがき紙片の表面に秘匿情報を印字する秘匿情報面を設ける一方、中央に位置するはがき 紙片の裏面に返信用宛名表示面を設け、該返信用宛名表示面と前記往信用宛名表示面の裏面とが対向するように折り合わせるとともに、前記中央及び右側に位置する両はがき紙片をその表面が対向するように折り重ねて剥離可能に面接合することにより、前記秘匿情報面の情報を隠すようにした圧着はがきがある。(特許文献1)。
【0008】

【効果】

【0015】
本考案の圧着はがきの場合、圧着はがきの総重量は2〜6gに収まるので、第二種郵便物として送達でき郵送経費を削減することができる。そして、圧着用紙を観音扉状又はZ字状に折り重ねることにより、宣伝広告面を粗郵便はがき大の三面又は四面に拡大することができる。また、年賀又は暑中見舞い用として本考案の圧着はがきを使用した場合、当りくじの番号を確認する度に、広告面に触れる機会が増え多大の広告効果を奏する。その他、宣伝広告用として圧着用紙を使用するだけでなく、圧着用紙の観音扉状又はZ字状の夫々の閉じた対接面に秘匿情報を隠蔽することができるため、従来構成の隠蔽はがきに比して、その隠蔽情報量を増大させ得る等の優れた効果がある。

(57)【要約】

【課題】郵便はがきの裏面に複数折りの圧着用紙を糊着しながらも、総重量を第二種郵便物扱いとなる範囲に収め、かつ、圧着用紙に宣伝広告或いは隠蔽情報を盛り込んだ圧着はがきを提供する。【解決手段】郵便はがきの裏側に圧着用紙20を積層するとともに、郵便はがきと圧着用紙との積層間隙には糊剤を塗布することによって剥離不可能に膠着層30を構成し、一方、前記圧着用紙を粗郵便はがき大に折り重ねて複数の対接面を形成するとともに、これらの複数の対接面同士の積層間隙には圧着加工を施すことによって剥離可能に接着層40を構成し、かつ、総重量が2〜6gの範囲にある圧着はがきである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):