(54)【考案の名称】秘匿性を有した情報所持体

(73)【実用新案権者】株式会社第一印刷所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、郵便葉書などに利用される秘匿性を有した情報所持体情報所持体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種のものとして第1葉と第2葉とが折曲予定線を介して連接され、第1葉側に秘匿情報が記載される基材と、前記基材の第1葉に再剥離可能に粘着して、その基材の第1葉に記載される秘匿情報を隠蔽可能な隠蔽ラベルと、前記隠蔽ラベルの大部分の面が仮貼着される分離片及び前記隠蔽ラベルの一部分の面が仮貼着され前記基材の第2葉に接着される固定片を有する剥離部材とからなり、剥離部材の分離片を剥離して、前記基材を前記折曲予定線から折り合わせたときに、前記基材の第1葉に対する前記隠蔽ラベルの位置決めがされる隠蔽ラベルの簡易貼付媒体が知られている(例えば、特許文献1)。
【0003】
また、折りミシン目を挟んで配置された第1及び第2の領域を有する支持基材と、第1の領域上の中央付近に設けられた記入欄と、第2の領域上に配置され、全面が透明な透明紙,粘着剤及び剥離紙が順に積層された透明タック紙と、透明紙の一部であって、記入欄に対向しない部分に設けられ、カーボンブラックを含む墨インキ層などからなる隠蔽層と、記入欄に対する部分を高い剥離性を有する剥離剤で弱接着させ、隠蔽層に対する部分を強い接着性を有する擬似接着剤で接着させ、第2の領域と透明紙とを剥離可能に擬似接着する擬似接着層を備え、剥離剤を剥離した状態で第2の領域を第1の領域に貼着することで、折りミシン目を介して第1及び第2の領域を折りたたみ、透明タック紙等を介して貼着して秘匿情報欄を隠蔽でき、一方貼着後に第2の領域を第1の領域より剥がすと、第1の領域に透明タック紙等が残り、この結果記入欄に記入した一次記入した文字と透明タック紙上に二次記入した文字とのその違いが一見して分かり、隠蔽層上に追記をしても、簡単にその事実が確認できる隠蔽ラベルも知られている(例えば、特許文献2)。

【効果】

【0016】
請求項1の考案によれば、隠蔽紙片の第二の縁を中心として回動するようにして貼り付けでき、隠蔽紙片を秘匿欄に正確に貼り付けすることができる。また、隠蔽紙片の材質などの自由度を向上することができる。
【0017】
請求項2の考案によれば、隠蔽紙片と共にシート材を紙片本体に貼り付けした状態で、隠蔽紙片を剥がすと第二の接着層が擬似接着層であるので、シート材は紙片本体に残って貼り付けられたままとなる。
【0018】
請求項3の考案によれば、秘匿欄印刷部をシート材で覆ったときに、透明性が確保できる。
【0019】
請求項4の考案によれば、確実な秘匿性を有した葉書を利用することができる
請求項5の考案によれば、第四の接着層によって、剥離紙、さらには剥離紙と一体的な隠蔽紙片が紙片本体に対して使用前にめくり上がるようなことはない。
【0020】
請求項6の考案によれば、第四の接着層は秘匿欄の欄外に設けられることにより、第四の接着層の跡が残っても秘匿欄を汚すことはない
請求項7の考案によれば、第四の接着層の接着力に抗して剥離紙を紙片本体より剥がすとき他の接着層が剥がれるようなことはない。

(57)【要約】

【課題】隠蔽紙片の秘匿欄への貼り付け位置決めを正確に行うことができるようにし、さらに隠蔽紙片の自由度を高める【解決手段】秘匿欄印刷部4の第一の縁6に隠蔽紙片2の第二の縁7を第一の接着層3を介して接続する。隠蔽紙片2の秘匿欄印刷部4に対応する貼り合わせ面に透明又は半透明な第二の接着層11を介して透明又は半透明なシート材12を設ける。シート材12の表面に前記第二の接着層11の接着力より大きな透明又は半透明な接着力を有する第三の接着層13を介して剥離紙14を設ける。剥離紙14を剥がして紙片本体1と別体の隠蔽紙片2を、第二の縁7を中心として回動するようにして秘匿欄印刷部4に正確に貼り付けできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):