(54)【考案の名称】書物吊りクリップ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は寝転び姿勢で読書する際の,三脚書物吊りクリップに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、寝転び姿勢で読書する際は、書物を手で持ち行っている。

【効果】

【0005】
上述の様に、本考案の三脚書物吊りクリップは、書物の左とじ右とじに関らず双方ともクリップの大1aで、未読の書物を挟み、小1bで小分けしたページを一枚づつ読み送り出来る、また、読書を中断する場合もクリップが役立ち簡便である。

(57)【要約】

【課題】クリップ三脚本体に書物を吊り下げ,寝転び姿勢で読書が出来るクリップ三脚を提供する。【解決手段】クリップ三脚は3本の支持脚4と1本の保持棒とを1個の蝶ねじで締め付け、この蝶ねじを中心に3本の支持脚4の開度と保持棒の傾斜角度を調整できる様にした事を特徴とする。書物の左とじ右とじに関らず双方ともクリップの大1aで、未読の書物を挟み、小1bで小分けしたページを一枚づつ読み送り出来る、また、読書を中断する場合もクリップが役立ち簡便である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):