(54)【考案の名称】足踏み健康器具

(73)【実用新案権者】株式会社小山商店

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は足の裏を刺激する足踏み健康器具に関する。

【従来の技術】

【0002】
足の裏には体の各臓器につながるツボがあり、この部位のツボに刺激を与えることは疲労解消,健康回復等に効果があるとされている。そのため、回転自在に支持された突起ロール上に足の裏を載せ、その足を前後方向に動かすことにより、足の裏を刺激する足踏み健康器具の発明は、これまでいくつも提案されてきた(例えば特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案の足踏み健康器具は、使用者が突起のあるロール上に自らの足を載せそれを動かすことが、足の裏を刺激して身体に役立つだけでなく、その足を動かす動作がオルゴールを奏でる駆動源に利用されて、オルゴールが奏でて五感,脳を刺激するので、心と身体が一緒に良好な刺激を受ける相乗効果、楽しみながら取り組めることの持続性を促す効果など極めて優れた効果を発揮する。

(57)【要約】

【課題】足の裏を刺激すると共に、五感や脳をも刺激し、さらに楽しく取り組んで長続きできる足踏み健康器具を提供する。【解決手段】外周面に多数の突起22が形成された突起ロール2の両端面から軸体3を突出させた足踏みローラ1と、前記両軸体3,3を受け支えて、該足踏みローラを回転自在に支持する基台41と、該基台を貫通した一の前記軸体3に固着される第一歯車5と、該第一歯車に歯車伝動機構Kを介して歯合連結し、該第一歯車の回動を駆動源にして音の出るオルゴールユニット6と、を具備し、足Fの裏を前記突起ロール2上に足Fを載せ、その足を前後方向に動かすことにより、足の裏を刺激すると共に前記第一歯車5を回動させて前記オルゴールユニット6の音がでるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):