(54)【考案の名称】ソーラパネルの設置構造

(73)【実用新案権者】株式会社大丸総合企画

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数のソーラセル(太陽電池)を収容したソーラパネルを屋上に設置する際に用いられる設置構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、太陽エネルギーを直接電気エネルギーに変換するソーラセル(太陽電池)は化石燃料におけるエネルギー危機や、クリーンエネルギーとして地球温暖化の防止策として多用されており、ビルや家屋などの建物にも設置されるようになってきている。
【0003】
ソーラセル(太陽電池)の起電力は受光面積に比例することから複数のソーラセル(太陽電池)を収容した比較的広面積のソーラパネルか必要であり、また、光の強さも発生する電力の大きな要因となることから太陽に近く、設置面積を得られ易い屋上や屋根に設置するのが一般的である。
【0004】
ところで、従来の一般家屋にみられる屋根は太陽の光を受けるのに適した傾斜を有していることからソーラパネルの設置場所として適しており、特に、設置箇所である屋根と設置されたソーラパネルがほぼ同一の傾斜を有することからソーラパネルが隙間かなく設置されて屋根と一体となり、強風が吹いたとしても差程の影響を受けずソーラパネルが安定した状態にあるので、ソーラパネルが自重で落下するのを防止すればよく、比較的固着に対して注意を払う必要がない。
【0005】
そこで、出願人は先に、屋上に強固に設置して、強風に対しても安定した状態で固着状態を保つことはいうまでもなく、施工の手間も少なくて済み、材料費も特に嵩むことがなく、特に、設置面である屋上の防水効果に影響を与えることのないソーラパネルの設置構造を実用新案登録している(実用新案登録第3142427号)。
【0006】
この登録実用新案にかかるソーラパネルの設置構造は、図7に示すように、例えばビルや家屋の屋上である設置面10の所定位置に平行に配置される互いにウェブ23,33の高さが異なる少なくとも2本のH鋼材2,3と、前記各H形鋼2,3の下側に位置するフランジ21,31の表面に基端が固着されて各H形鋼2,3の軸心に対して交叉する方向へ向けて延びる複数の異形鉄筋9と、H鋼材2,3の下側に位置するフランジ21,31と異形鉄筋9とを包含して前記設置面10に施工されたモルタル層8と、前記2本のH鋼材2,3間に架設されてソーラパネルSPをH鋼材間2,3に固着する複数の型材4とから構成されるものである。
【0007】
このソーラパネルの設置構造によれば、設置面(屋上)10の所定の位置に配置したH鋼材2,3をモルタル層8で固着することから、設置面(屋上)10に土台固着用の穴を形成したり、アンカーやボルトを打ち込んだりすることがないので設置面(屋上)10を傷つける心配がなく、設置面(屋上)10の強度や防水層に影響を与える心配が全くなく、工事において騒音を生じる心配もない。
【0008】
ところが、前記図7(c)および図8に示すように、前記従来のソーラパネルの設置構造は、H鋼材の下側に位置するフランジと異形鉄筋とを包含してモルタル層8を施工するものであった。
【0009】
そのための、多量のソーラパネルを設置する場合には、施工するモルタル層8の施工面積が広くなり、材料費がか嵩むばかりか重量も嵩むことになり、屋上などの強度に影響する心配もある。

【効果】

【0014】
本考案によれば、屋上に所定の傾斜を以てソーラパネルを強風に対しても安定した状態で固着状態を保つ状態に設置することができるばかりか、施工の手間も少なくて済み、材料費も嵩むことがなく、特に、設置面である屋上の防水効果に影響を与えることがない。特に、材料費の軽減、全体の重量の軽減更には作業の迅速化を図ることができる。

(57)【要約】

【課題】屋上に強固に設置して、強風に対しても安定した状態で固着状態を保つことはいうまでもなく、施工の手間も少なくて済み、特に、設置面である屋上の防水効果に影響を与えることのないソーラパネルの設置構造を提供する。【解決手段】枠体の上面開口部に複数のソーラセルが収装されたソーラパネルSPを屋上などの設置面に設置するための設置構造で、設置面に一方のフランジを沿わせて所定間隔で配置される互いにウェブ23の高さが異なる少なくとも2本のH鋼材2と、各H形鋼2の下側に位置するフランジ21の表面に基端が固着されて各H形鋼2の軸心に対して交叉する方向へ向けて延びる複数の異形鉄筋と、少なくともH鋼材2の下側に位置するフランジ21と異形鉄筋とを包含して設置面に施工されたモルタル層8と、2本のH鋼材間2に架設されてソーラパネルSPをH鋼材間2に固着する複数の型材4とからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):