(54)【考案の名称】ペーパー・トイ・カード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折筋の山折りと谷折りを相互に変換するという折畳み方の特性を利用し、開閉を容易にするようにするとともに造形の可変表現を工夫した折畳み展開可能なカードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、多様な平面形態の図形に組合わせることができる玩具としては、例えば、「積み木」や「パズル」などがある。通常、このような玩具は、個々のパーツを組み合わせることにより多種多様な形を表現する。
【0003】

【効果】

【0007】
上記本考案の構成によれば、上記折り目をそれぞれ山折りや谷折りにして紙を折り畳むと容易に多様な平面形態の図形に組合わせることができる。また、一枚の紙からなるため、持ち運びや収納・保管しやすい。さらに、遊ぶ場所には制限がないため、例えば電車の中でも遊べるから、通勤通学の退屈の解消にも使え、老人が病院のベッドの上でも、遊ぶことができるためリハビリテーションの道具にも使える。

(57)【要約】

【課題】持ち運びや収納・保管しやすく、遊ぶ場所には制限がないペーパー・トイ・カードを提供する。【解決手段】矩形状の紙の中心部に、両対角線がそれぞれ前記の矩形状の紙の長辺と短辺と平行する正方形の折り目を設け、当該正方形の折り目の4つの角隅から、それぞれその角隅に向かい合う上記矩形状の紙の辺に垂直に連結する折り目と、角隅に向かい合う上記矩形状の紙の辺に同じ回転方向に隣接する辺に垂直に連結する折り目を設け、上記の折り目によって区画されたエリアをそれぞれ異なる色にしてなることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):