(54)【考案の名称】感知式パワーサプライ

(73)【実用新案権者】富達通科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は感知式パワーサプライに関する。特に第一感知ユニットを含む電源台及び第二感知ユニットを含む外付け式感知装置を含み、電源台と外付け式感知装置はコイル磁力感知の伝導方式を利用し、これにより外付け式感知装置を挿入接続する携帯式電子装置は充電を行うことができ、複数の携帯式電子装置がある時には、外付け式感知装置を購入するだけで、その電源コンセントを共用することができるため、購入コストを節約することができる感知式パワーサプライに係る。

【従来の技術】

【0002】
生活環境はデジタル時代に入り、デジカメ、携帯電話、MP3等の各種電子装置は日常生活に溢れている。しかも各種携帯式電子装置、製品はコンパクトで軽量という設計理念へと発展している。
しかし、いかにして随時携帯使用可能とする目的を達成するかには、先ず解決すべき重要な問題がある。それは電源の問題である。一般に最も普及している方式は、携帯式電子装置内に充電電池を設置し、電力を使い切った時には、新たに充電するというものである。しかし、現在人々はみな複数の携帯式電子装置を所有し、各携帯式電子装置はそれぞれ特定の互換性のある充電器を有するため、新しい携帯式電子装置を購入する度に、別に新しい充電器を購入しなければならず、経済上の負担を拡大している。
次に、現在の充電器の使用方式は、充電器の連接インターフェースを利用し電源コンセントに挿入接続し、さらに充電器の連接器を携帯式電子装置に挿入接続するものである。これによりその携帯式電子装置は充電を行うことができ、充電完成後、携帯式電子装置を充電器の連接器から外す。しかし、該充電器は電源コンセントのある場所で使用しなければならず、充電の場所に制限がある。もし屋外で急に充電の必要が生じた場合には、即時に充電することはできない。
【0003】
前記の充電器は使用時に、以下のようになお多くの欠点が存在する。
1.複数の携帯式電子装置がある時には、各携帯式電子装置はみな特定の互換性のある充電器を有し、各携帯式電子装置は同一の充電器を使用することができないため、複数の充電器を購入しなければならず、経済的な負担が増大する。
2.該充電器は電源コンセントに頼っているため、電源コンセントがなければ、充電器は携帯式電子装置に対して充電を行うことができない。よって充電場所の制限を受け、外出先で急に充電の必要が生じた場合には、即時に充電することはできない。
よって、上記公知構造の欠点をいかにして解決するかは、該産業に関わるメーカーにとって、研究改善の方向の所在である。

【効果】

【0008】
本考案は第一感知ユニットを含む電源コンセント及び第二感知ユニットを含む外付け式感知装置を備え、電源台と外付け式感知装置はコイル磁力感知の伝導方式を利用し、これにより外付け式感知装置を挿入接続する携帯式電子装置は充電を行うことができ、複数の携帯式電子装置がある時には、外付け式感知装置を購入するだけで、その電源コンセントを共用することができるため、購入コストを節約することができる。

(57)【要約】

【課題】感知式パワーサプライの提供。【解決手段】感知式パワーサプライは電源台、外付け感知装置により組成する。該電源台内部には順番に連接インターフェース、オシレーター回路、駆動回路、第一感知ユニットを設置する。しかも該第一感知ユニット内には順番に第一共振回路と第一コイルを含む。該外付け感知装置内部には第二感知ユニットを設置し、しかも該第二感知ユニットは順番に第二コイル、第二共振回路を含み、さらに整流フィルタリング回路、電源管理回路、連接装置を順番に連接する。外付け感知装置を携帯式電子装置に挿入接続する時、しかも携帯式電子装置を電極接点のない電源台上に置き、電源台の第一感知ユニットは電磁感知方式を利用し、交流信号を第二感知ユニットに発し、電力を携帯式電子装置に充電する。連接装置は互換性の高いインターフェースを使用するため、複数の携帯式電子装置を有する時にも、外付け感知装置を購入するだけで、電源台を共用することができ、よってコストを節減することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):