(54)【考案の名称】三輪自転車

(51)【国際特許分類】

B62K 5/04 ・・二軸をもつもの

(73)【実用新案権者】世同金屬(昆山)有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、三輪自転車に関し、特に人力三輪車に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の三輪自転車は、フレーム部材と、前輪と、後輪と、チェーン伝達機構とを有し、その内フレーム部材は、前輪を支持する前部フレームと、2つの後輪を支持する後部フレームと、車体の長手方向に沿って延在すると共に、該前部フレームと後部フレームとを連結するクロスバーと、該クロスバーの上方に位置すると共に、クロスバーに固定されるサドルとを含み、チェーン伝達機構は、ペダルと、クランクと、スプロケットと、フライホイールと、スプロケットとフライホイールとの間に係回されるチェーンとを含む。上述の構造を備えた三輪自転車は、自転車とはそれほど大きく変わるものではなく、従来の自転車に近い構造を有しているので、交通手段として使用することもできれば、貨物の運搬用として使用することもできる。

【効果】

【0012】
本考案によれば、揺動機構が設置され、騎乗時に現状や好みに合わせて、揺動機構を揺動モードに切替え、このモードに切替わると、左右に揺動する揺動ピンがクロスバーを左右に揺動させ、これによりシート部を左右に揺動させ、シート部に座っている使用者の体を揺らし体を鍛えることができる。

(57)【要約】

【課題】交通手段として使用することができ、かつ体を鍛えることができる三輪自転車を提供する。【解決手段】クロスバー31,32等に揺動機構5が設けられ、揺動機構は、クロスバーの軸方向及び径方向に沿って穿設されるT形貫通孔51と、T形貫通孔内に設置されると共に、両端がクロスバーの外部に露出する揺動ピン52とを有し、更に、揺動機構は、ロックモード及び揺動モードの2つのモードを有しており、揺動機構がロックモードの時は、前記揺動ピンがT形貫通孔において軸方向に延在する貫通孔内に位置し、一方、揺動機構が揺動モードの時は、揺動ピンが揺動可能にT形貫通孔において径方向に延在する貫通孔内に位置し、クロスバーを揺動させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):